蛍池の焼肉「さしの花」

昨日、金曜日。
く~なんか仕事疲れちゃったなぁ。
なんか、まっすぐ帰らずに美味いもんでも食べて帰ろー
蛍池でC級呑兵衛ファミリーと合流し、ひっさびさに焼肉「さしの花」にやってきた。
ここに足を運んではいるものの、一杯で入れなかったりもあったんだよね。
そういう意味でのひっさびさ。

店に来たら、
ちょうど団体さんがでるタイミングで、店の主人も挨拶に外に出てきていた。
で、それが落ち着いて私を見つけるなり、
「テレビ出てはりません?寝ぼけながらテレビ見てたら、どっかで見たことある顔が・・」
おっと、ここでバレてるとは思わなかった。
出てますよー


ま、それはともかく、
早く美味しいもの食べたーい!
焼肉のたれの中にオリジナルラー油が加わってますなあ。
e0173645_9214335.jpg

まずは、塩タン(950円)から。
もーとにかく、お肉のビジュアルが艶やか。
めっちゃ、上品な弾力。
e0173645_9221321.jpg

厚めにカットされた生レバー(950円)が美味いなあ。肉質がしっかりしてるや。
e0173645_9483550.jpg

さてさて、メインの特選盛(2人前:5500円)。
とにかく、C級呑兵衛がこの店を気に入ってるのは、赤身部分の味わいがたまらんから。
サシが入って柔らかいとは言いながら、脂っこいのはかなわん。
でも、「さしの花」は柔らかいのに、肉肉した感じが楽しめるのよね~
e0173645_9222541.jpg

というのと、そもそも肉のクオリティが高いわけ。
A5クラスのメス牛にこだわって、部位によって全国のブランド牛を仕入れている。
最近は新たに飛騨牛が加わったそう。
今回の特選盛は・・・みすじがしら、三角カルビ、佐賀牛シャトーブリアン、飛騨牛巻きリブ
おいおい、シャトーブリアン(上写真の右下)って。牛肉の最高峰といってもよろしいのでは・・・
フィレ肉の中でも肉厚な真ん中部分で、牛一頭から600~800gしかとれない貴重な部位。
巻きリブ(上の写真左下)ってのは聞きなれないですな。リブ(背中)でも肩に近い部分って言ってたかなあ。
ランクの高い肉だと、こんなにきれいな霜降りー
e0173645_922315.jpg

美味くないわけないわね。あーしあわせー

鮮度や品質がいいので塩でいただける、塩まるちょう(850円)。
ちょっと、こりこり感を楽しみながら・・・酒にも合う一品ですな。
e0173645_9221997.jpg

シメにするか、もう一皿だけお肉にいくかで悩んだんだけど、
但馬牛ツラミ(1200円)を注文。
ツラミは店によっては、下手すると硬くて筋っぽいのが出てくるから、それだと苦痛なんだけど、
これがね、店によって美味いの出すところあるんだよね。

で、待ってると、
「あのーこれよかったら」と、
お店からサービスで、アゴツラをいただく。アゴとツラミの境目なのね。
よ、米沢牛ですよぉ。サービスしすぎなんじゃあないですかぁ。
山椒でいただく・・・これ、めっさ美味い。この歯ごたえと旨味は酒のみにはたまらんね。
e0173645_9223522.jpg

そして、
「今からカットしますので」と、お肉をドーンとテーブル席までもってきてもらう。
そして、カットされた但馬牛ツラミ。
うっそーん、ツラミってこんなにきれいな肉だったっけ。
くーこの歯ごたえ、食べ応えたまらんね~
e0173645_9224028.jpg
e0173645_9224463.jpg

やっぱり、今回も食べ過ぎてしまいました。

■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:さしの花
場所:豊中市蛍池北町1-1-1
電話:06-6856-3487
営業:17:00~24:00 水休
e0173645_9201592.jpg

by nonbe-cclass | 2010-11-06 10:51 | 食べ歩き(焼肉) | Trackback | Comments(0)  

トラックバックURL : http://cnonbe.exblog.jp/tb/13579968
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 伊丹の餃子専門店「大阪王」 京橋の居酒屋「京屋支店」 >>