京橋の居酒屋「京屋支店」

いやあ、C級呑兵衛の原点だわあ。
十三の「得一」でええ感じになったところで、つぎに向かった先は京橋
しばらく、この地の土を踏んでいなかったから、感慨深い・・・

あまりに久々だったから、かーなりウロウロしちゃったが、
いざ、どの店に入ろうかとなると、何だか及び腰になってしまう。

「・・・。」

こういう時に、懐かしい光景が・・・
「おーまだ健在でしたな」

「京屋支店」だ。

この外観に対して、
店に入る勇気と、何度も訪れたことのある安心感が交錯する。
外観でも分かるが、メニューがガムテープでホールドされているところが渋い。
が、店内はそれが更に凄いことになっている。
e0173645_22253497.jpg

とりあえず、焼酎もらうかな・・・
写真は水ではありません。
焼酎ロックですな、霧島(290円)。
e0173645_22254458.jpg

まずはあっさりといきたいな、と思って豆腐を。
冷奴も湯豆腐もあるってことで、今回は湯豆腐(250円)を。
でーんとでっかい豆腐の上に、ねぎととろろ昆布ね。
e0173645_22255191.jpg

そして、焼物にししゃも(300円)。5匹もあって300円は安いわね。
e0173645_22255829.jpg

ここは、客が自分一人でも放っておいてくれるので、一人呑みには有難い。
長居はしなかったんだけど、何もかもが変わっていなくて気持ち的に落ち着いたね。

しまった、お店の情報確認するの忘れちゃった。

by nonbe-cclass | 2010-11-04 23:28 | ・居酒屋めぐり(関西) | Trackback | Comments(0)  

トラックバックURL : http://cnonbe.exblog.jp/tb/13571434
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 蛍池の焼肉「さしの花」 十三の居酒屋「得一」 >>