若狭散策

先週の日曜日(10月24日)の話。
以前に行こうと思っていて、結果的に行かなかった若狭
今回は、ドライブで行ってみることにするか。

日本海側へ向かうときは一般道で行く時が多いんだけど、
今回はまっとうに、中国道経由舞鶴道で日本海を目指す。
舞鶴道は小浜西までで、ここから国道27号線で更に東へ車を走らせる。

はい、いきなりたぬきドーン。
e0173645_17563417.jpg

福井県は若狭、まずは、三方五湖
三方五湖を眺めるには、梅丈岳山頂からがいい。有料のレインボーラインに入り、山頂公園を目指す。
公園についたら、さらにケーブルかリフトに乗って高台へ。
おーリフト、微妙に怖いね~でも景色いいやあ。
e0173645_18103621.jpg
e0173645_2328759.jpg
e0173645_23312799.jpg

公園からは三方五湖が一望できるんだけど、それ以外にも色々と・・・
「ふーん、恋人の聖地ねー」
NPOが地域活性の一環として全国に、「恋人の聖地」を認定してるんだそうな。
大阪だと、枚方市天之川がそうなんだって。
e0173645_18154517.jpg

その「恋人の聖地」とは別に、「誓いの鍵」というのがありますな。
鍵を買って誓いを立てる、ここに鍵をつけるといつまでも残るわけね。
んーその鍵の数が半端じゃないねー手すりにびっしり10万個以上あるそうな。
e0173645_23145872.jpg

パワースポットなのかしら、「誓いの鍵」のところに、さらに「かわらけ投げ」もありますな。
小さな皿のような、このかわらけ(天日乾燥の皿)に願いを書いて、湖の方に高く投げる。
湖自体に届くわけではもちろんないけど、もともとの由来としては、天狗に届くように・・・だからね。
決して、ストレスで投げないように(笑)
e0173645_1816645.jpg
e0173645_18161440.jpg

あとは、和合神社
これ、珍しくて一社両拝。つまり、表面背面両方から拝めるようになっている。
e0173645_23341230.jpg
e0173645_2339977.jpg

そして、五木ひろし・・・この地出身ということもあり、「五木の園」なんてのもあったね。
e0173645_23342779.jpg

この後、一旦昼食をはさみ(別記事で紹介するね)、一路小浜へ。
向かった先は、若狭フィッシャーマンズワーフ
レストランや海産物や特産品が色々と並ぶ。
寿司や造りあたりが良さげ。結構、みんな買ってるなあ~
e0173645_2351670.jpg

この段階ではすでに雨が・・・あー結構降ってきちゃったなあ。
でも、せっかくの機会だし・・・ということで、蘇洞門めぐり遊覧船に乗る。
50分くらいかけて、蘇洞門海岸を遊覧するんだけど、雨だしガラス窓曇るわで撃沈。
蘇洞門海岸の名勝大門・小門をカメラに収めるのも一苦労だわ。
この絶景、天気良かったら最高やろうね。
e0173645_23511410.jpg

おいおい、雨本降り・・・てか、結構な雨足になってきた。
若狭フィッシャーマンズワーフの後には、すぐそばの「濱の湯」へ。
1時間程度だけど、露天風呂も気持ちよかったあ。
「おいおい、これバスクリンちゃうん」と思ってしまうほどグリーンな湯船、これは海草風呂で、
海草アマモのエキスが使われているんだそうな。
e0173645_03573.jpg

あと内湯大浴場、おやおや、この間、長野で食べた「まこもだけ」の風呂ですか。こまかく切ったものは袋に入って湯船に浮いていたんだけど、切る前の長い枝状のものは束でくくって、そのまま湯につかっていた。
e0173645_031412.jpg

風呂上り、せっかく福井に来たこともあって、郷土料理の焼き鯖すしを頬張る。
ん~香ばしくて美味いや。
e0173645_032349.jpg

帰りの中国道の渋滞にはやられたが、また足を運んでみたい若狭ですな。

by nonbe-cclass | 2010-10-31 00:21 | ・旅・街散策・遊びスポット | Trackback(1) | Comments(0)  

トラックバックURL : http://cnonbe.exblog.jp/tb/13535753
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from 脳挫傷による見えない障害.. at 2011-06-18 17:54
タイトル : 富士市の公園で紫陽花と子供達が空に舞い上がる
靜岡県富士市の公園の1つの岩本山公園へドライブで行き、富士山は曇り空で見えなかっ... more

<< 三方五湖の「ドライブインよしだ」 梅田の焼肉「茜」 >>