うどんギョーザ ~高槻ご当地グルメ~

e0173645_21333428.jpg

あぁ神様、私は・・・
・・・違う違う、こんな天気のいい日に懺悔をしてる場合じゃない。

この像、誰かご存じ?
戦国時代、高槻城主の高山右近。キリシタン武将として日本史にも登場しますな。
C級呑兵衛は学生時代に、北摂の武将、とりわけ、荒木村重を色々と調べていたから、右近や茨木の中川清秀あたりはよく知っている(連れではない)。

さて10日、その右近ゆかりの地、高槻にやってきた。
高槻ジャズストリート&食の文化祭
街中、そして、イベント会場でジャズの生演奏、そして、興味津々なグルメブース。
土曜日のどしゃぶりとはうってかわって、暑いくらいにいい天気。
e0173645_21443686.jpg

今回は、高槻ご当地グルメを食べにやってきたわけ。

まずは、うどんギョーザ
高槻というと、まず出てくるご当地グルメですな。
ビジュアル的には餃子というより、お好み焼きのちっちゃいの。
ニラの風味に、うどんの柔らかい食感が個性的。
お好み焼きのように生地があるわけじゃなく、ミンチとうどん、ニラなどを卵をつなぎに混ぜて焼いたもの。
かなり家庭的な仕上がりなんだけど、味は好きね。
e0173645_21531485.jpg

そして、高槻バーガー
T's★Dinerが出店してるんだけど、高槻バーガー(680円)を注文。
高槻バーガーの定義があるんですなあ。
 ・バンズは直径13cm以上
 ・極力高槻産のトマトを使用
 ・100%ビーフパテを使用
 ・ティーズオリジナルバーガーソースを使用したハンバーガー
だそうな。
おーこのグリルしたビーフパテうめー
確かに、このアメリカンサイズは嬉しいですな。
e0173645_21515749.jpg

ご当地グルメではないんだけど、焼肉の「一寸法師」が串焼きで出店。
めっさ、肉柔らかい。
e0173645_2152576.jpg

あとね、せっかくだから高槻のお酒を買って帰ることにした。
富田の酒、池田や伊丹と並ぶ酒の街。
今回は、清鶴酒造「百五十四年目乃お酒」、純米吟醸。
柔らかい口当たりで、とっても呑みやすい酒ですな。
e0173645_23174362.jpg
e0173645_231655100.jpg

by nonbe-cclass | 2010-10-13 23:28 | ・食べ歩き(その他) | Trackback | Comments(0)  

トラックバックURL : http://cnonbe.exblog.jp/tb/13395737
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 高槻の焼肉「スラッカン」 石橋の居酒屋「つり船茶屋 とと丸」 >>