桜井の居酒屋「飛鳥」

もーパソコンぜんぜん動かないし・・・ただでさえ時間ないのに。
ブログが更新できないのはそんなことがあるわけ。
だって、パソコン立ち上げてからブログで1文字入れるのに30分くらいかかる。キレないほうがおかしい。

ネタたくさんあるから、どんどん書いてかないと。
さて、先週の話。
阪急桜井駅を降りてすぐ、桜井地区のまつりがあった。
まあ、あいかわらずの人気ぶりで、人の山だ。
e0173645_745329.jpg

一通り観て、Jr.ゲーム堪能の後、今回はこの桜井で夕食を済ませることに。
駅を出てすぐのところにある、炭火焼鳥の「飛鳥」だ。
まつりだからか、店の外にまでテーブルがでて、オープンな感じになっている。
人満載で賑わっているので、ここに入ってみることにする。
e0173645_7483395.jpg

あまり、造り(生もの)がないなあ・・・品切れも手伝って、結局はまずのところ、
地鶏タタキ(550円)をいただくことに。これ、朝びきの胸肉を、備長炭で表面を焼いたものだ。

串焼きなんだけど、ここのオススメはつくね(280円)ですな。
つくねって、ぎゅっと団子になってるから、ものによってはもさもさしたりするんだけど、
ここのは「お、ふわっふわ」だ。しかも、せせり(ねっく)を使っている。
e0173645_7541882.jpg

ねぎみ(240円)に、ササミ柚子こしょう焼き(320円)ね。
ねぎみ、柔らかくて美味いね。
e0173645_7545890.jpg
e0173645_7595940.jpg

創作の一品が色々とあって、チーズやタルタルを使ったものや、バケットやピザみたいなものもあるのね。
e0173645_842852.jpg

ジュースイーな手羽先や心(200円)、
あと、数量限定だけど、つなぎ(240円)やはねした(200円)も。
つなぎとは、心臓と肝臓をつないでいる部分なので、当然1羽から採れる量は決まるよね。
希少部位ですな。
はねしたはどうなんだろう、牛だと肩ロースだけど、鶏の場合、どのあたりを指すんだろう・・・
e0173645_852349.jpg
e0173645_853027.jpg


バラエティなメニューを楽しんで、桜井を後にした。

■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:炭火やきとり 飛鳥
場所:箕面市桜井2-2-5
時間:17:00~24:00、日祝は~23:00
電話:072-721-9044

by nonbe-cclass | 2010-08-18 08:23 | 食べ歩き(焼鳥) | Trackback | Comments(4)  

トラックバックURL : http://cnonbe.exblog.jp/tb/13105074
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ひめ at 2010-08-18 16:16 x
こんにちは。久々にコメントをさせていただきますが毎回楽しく拝見しております。
今回は私の地元ネタですねー。
とはいえ、ココは生モノが稀少なので頻繁には行かないのですが、創作メニューは美味しいですね~
Commented by nonbe-cclass at 2010-08-18 18:51
ひめさん、こんにちは!
さすが地元、行かれてるんですね。
そうですね、生ものが少ないのはもったいないですが、串は希少部位もあるのでなかなかいい感じだと思います~
Commented by bbwan at 2010-08-19 09:37
この店 夏は外に椅子をだすんですよね。 それとここのふわふわつくねは悪くないですね。
Commented by nonbe-cclass at 2010-08-19 21:58
bbwanさん、こんにちは!
なるほど、オープンスタイルは、まつりの日だけじゃなかったんですね。
つくねグーでした!

<< 中山寺の星下り ポン太の一芸 >>