阿波座の居酒屋「くいしんぼう初都」

先週、急にイニシャルI氏、イニシャルS氏と呑むことになった。
今回は会社の近く、よくランチで出かける阿波座「初都」だ。

ここのランチは凄いと思うわ。
いつもね、くいしんぼう丼(900円)を注文するんだけど、日々の仕入れによって中身は変わるけど、ボリュームはこんな感じ。
はい、ドーン(写真は随分と前のヤツだけどね、飽くまで一例)。
新鮮な魚貝とボリュームで大満足、最近、昼が満員で入れないことも多い。
e0173645_16463749.jpg

で、ここ夜も居酒屋として営業をしてるんだよね。

イニシャルI氏曰く「これをアテにして酒呑もうとおもってんねん」
お、くいしんぼう丼をアテにしよーってんですか。
確かに、丼に盛られる造りのボリュームがあるから、肴にはなるか・・・
ということで、くいしんぼう丼コンボ(1500円)を。
くいしんぼう丼のほかに小鉢、ドリンク1杯がセットになったものだ。
e0173645_1805794.jpg
e0173645_181622.jpg

小鉢は新子ですな。
くいしんぼう丼は、まぐろやサーモンの他、かわりどころでは鮫鰈に・・・頂上には炙った鱧がのっとりますな。
いかん・・・いつものランチな感じで、最初からがっつり食べてしまってる。
e0173645_1883174.jpg
e0173645_1883978.jpg

酒盗を箸休めにして・・・利き酒セットか。3種類選べるんだ。
じゃあ、ということで、

 ・和歌山の九重雑賀「山廃 錦郷(きんきょう)」
 ・高知の有光酒造場「赤野 純米吟醸 潦」
 ・高知の濱川商店「美丈夫 麗」

をチョイス。「美丈夫 麗」は、純米でない吟醸だけど中取り。
中取りとは、もろみをぎゅーっと絞って液を出す時のタイミングの一つ。
最初の出始め(これは「あらばしり」と言いますな)が過ぎたころに出てくる部分を言うんだけど、透明度や香りのバランスが一番いい状態だそうな。
どの酒も比較的甘めと香りがあって、燗がよさそう。

かますご天(500円)にせせり焼き。
e0173645_20473355.jpg
e0173645_20474421.jpg

白鶴純米生原酒「荒駒」
火入れをせず(生酒)、水を加えてアルコール度も調整しない(原酒)から、蔵の味が楽しめる。
e0173645_20502996.jpg

「・・・これ、すごいな」
芋焼酎?「恋寅」。佐賀は宗政酒造。
「?」としたのは、さつまいもだけでなく、米麹、麦、麦麹のブレンドだから。
「ヴァニラ香る」なんてキャッチフレーズ・・・ニャハハ、ホントケーキのような甘い香りが口に広がる。
e0173645_20505951.jpg

スパイスチキンにきゅうりの浅漬け。
e0173645_20521146.jpg
e0173645_20545776.jpg

最後は、まぐろハーモニカ(900円)。
e0173645_20513123.jpg

写真見ても「何で?ハーモニカ」と思うかもしれないけど、
これは、まぐろの背びれの付け根部分。これを食べると、骨がハーモニカみたいにみえることからこう呼ぶそうな。

「あまり遅ならん程度に軽く・・・」
なんのなんの、結局のところ、随分と食べたし呑んだ気がするんですけど。

■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:くいしんぼう初都
場所:大阪市西区江之子島1-6-2
電話:06-6443-0206

by nonbe-cclass | 2010-07-10 21:36 | 居酒屋めぐり(関西) | Trackback | Comments(0)  

トラックバックURL : http://cnonbe.exblog.jp/tb/12930396
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 石橋の居酒屋「やまざき屋」(2) 石橋の居酒屋「なかしとつくし」 >>