石橋の居酒屋「やの屋」

大阪の人間はせっかちだといわれるんだけど、
今治の人もそうなの?

焼鳥激戦区の池田・石橋の中で、ご当地特性を出した焼鳥店といえば、
宮崎地鶏の「KIKAN-TARO」が分かりやすいが、1人前5本も出てくる「秋吉」は、福井の食べ方だったりする(「秋吉」は福井の会社だからね)。

んで、今回紹介するのは、愛媛は今治の焼鳥ということで、
石橋の「やの屋」だ。
駅から少し歩くんだけど、焼肉「みつる」の近くだ。
まずは、朝びき鳥の造り盛り合わせ(980円)から。
e0173645_12312852.jpg

ずり、ももにきも・・・鮮度がいい中で、特にきもがシャクシャクした食感で美味い。
ここまでは、他の店と変わらないわね。
次に焼きを頼もうとすると・・・皮にしてもねぎまにしても、その後に「バラ焼」という言葉がついている。
そう、串じゃないんだね。鉄板で焼くのが今治流
下の写真が、ネックバラ焼(390円)、ねぎまバラ焼(490円)。こんな感じで出てくる。
e0173645_12314149.jpg
e0173645_12314899.jpg

いやね、冒頭に「今治の人はせっかち?」って聞いたでしょ。
この今治の焼鳥というのは、せっかちな今治の人が「炭で串を焼くなんて待ってられない」なんて言ったかどうか、商売人も多いことから、さっと出てきて安く食べられる、そんな中から誕生した焼鳥。

自家製つくねバーグ(490円)に、せせりマヨネーズ(590円)。
ジューシーなつくねバーグに卵がのってるんだけど、これ、目玉焼なんだけど、この半熟黄身のプリプリ感すごいな。
「おいおい、皿から落ちるで」とか思うくらい、皿にもたれてるんだもの。つくねとの相性はもちろんバッチリだ。
そして、せせりマヨネーズもオススメですな。このせせりの食感にマヨ味が合うね~美味い。
e0173645_12315510.jpg
e0173645_1232299.jpg

そして、名物の皮バラ焼(290円)に、手羽先塩焼(450円)。
皮はパリッと仕上がってるから、スナック感覚で箸が伸びる。
e0173645_1232823.jpg
e0173645_1232221.jpg

かっつりなところで、鳥しげ丼(750円)に鉄板鳥しお焼きそば(690円)。
丼は惜しげもなく鶏が盛られてくるぞ。あとね、鳥しお焼きそばはオススメ。
e0173645_12321729.jpg
e0173645_12323073.jpg

石橋では珍しく、緑提灯もさがる店。
お店の人も親切なので、是非。

■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:今治流鉄板焼き鳥 やの屋
場所:池田市住吉1-4-5
電話:072-762-0622
e0173645_12311067.jpg

by nonbe-cclass | 2010-05-23 23:33 | 阪急石橋 焼鳥 | Trackback | Comments(0)  

トラックバックURL : http://cnonbe.exblog.jp/tb/12686785
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 梅田の居酒屋「三起」 讃岐うどんツアー9~「うぶしな」 >>