讃岐うどんツアー9~「一福」

「思い立ったら四国 うどん三昧日帰りさぬきうどんツアー9」
立て続けの3軒目は、「うどん一福」だ。

比較的新しい店構え、店内も明るい感じ。
トレイを持って、注文の列に並ぶ。ここでは、かけ(200円)を注文してみる。
e0173645_2341303.jpg

おっと、他店に比べてボリュームがあるんでないかい。
たっぷりのねぎと、天かすをのせて・・・
e0173645_23413773.jpg

うまく写真撮れなかったかな・・・分かりにくいけど、麺が他店に比べて細いこと。
一々、前情報入れずに行ってるから、あまり書いても仕方がないんだけど、
「中村」で修行してきた方が切り盛りしているとか、その流れをくんでいるんだろうね。

「中村」の時は釜玉を食べたんだけど、その時のインパクトって、
「麺は、すごく柔らかいのね。でも、口に入れて麺を引っ張ると、ミョーンと伸びてすぐに切れないコシ。いやあ、このモチモチ感がたまりませんなあ」だったわけ。

まあ、今回も、驚かされましたなあ。
池田なら「吾妻」のささめうどんが如く、こんなに細いんだーとなめてかかっていると、強コシをお見舞いされる。
喉越しがつるつるって感じなんだけど、やっぱりここでも、口に入れて麺を引っ張ると、ミョーンと伸びてすぐに切れない弾力。
3軒目でこのボリュームは・・・とか思ったけど、全然いけましたな。

ささ、次行くぞ次。

■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:うどん 一福
場所:高松市国分寺町新居169-1
時間:10:00~14:00(土日祝~15:00) 金休
電話:087-874-5088
e0173645_23414710.jpg

by nonbe-cclass | 2010-05-19 00:22 | ・食べ歩き(さぬきうどん) | Trackback | Comments(0)  

トラックバックURL : http://cnonbe.exblog.jp/tb/12664504
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 書寫山圓教寺 相手してほしいポン太 >>