福島の居酒屋「囲炉裏」

焼鳥激戦区の福島区、それはそうなんだけど・・・
意外と同じ店ばかり行ったりなんかして。

イニシャルS氏と一緒の時は、どうにもここに足を運びたくなる・・・
「囲炉裏」だ。
店の中央で大将が焼鳥を焼き、その四方を囲むようにカウンターがある。
我々が顔を出すと、「いらっしゃーい」と明るく迎えてくれる。
なんか、気持ち的に落ち着くんだよね。

とりあえず生ビールね。
もーここから嬉しいんだけど、錫のグラスでキンキンに冷えてる。しかーも、確かエビスじゃないかな。
e0173645_21303810.jpg

焼鳥は1本から注文できるのも酒呑みには有難い。
こころ(150円)、ねぎま(200円)、かわ(150円)・・・
e0173645_2130491.jpg

e0173645_21355084.jpg

e0173645_2136681.jpg

おすすめの一つ、なんこつ(150円)。
このコリコリ感としっかり焼き上げた香ばしさの相性がばっちり。
e0173645_21361316.jpg

ビールをいくらか呑んで、日本酒に切り替えるかな。
「郷の誉れ」・・・
これ「さとのほまれ?ごうのほまれ?」
また、読み方間違ったら格好悪いじゃん・・・「さと」と「ごう」の中間くらいの絶妙な滑舌の悪さで注文してみたら、
「さとのほまれ」だった。
「郷の誉れ」(600円)純米吟醸、茨城は須藤本家の酒。あっさりした中にも、爽やかな甘み。美味い。
e0173645_21363063.jpg

肉の旨みからするとねっく(150円)ですなあ。筋肉質な食感とジュワーっと感がたまらない。、
e0173645_2136396.jpg

そして、これもオススメ。
生肝のごま風味(450円)ね。毎回、注文してる一品なんだけど、この肝のプリプリ感はクセになるぞ。
e0173645_21365088.jpg

酒は「五代」(450円)に、手羽先(150円)に、しいたけ(150円)、うずら卵。
いやん、うずら美味しいわん。
e0173645_21365629.jpg
e0173645_2137482.jpg
e0173645_21371381.jpg

美味い酒を楽しみたい・・・
そのためには、いい店、いい味、いい大将。そして、共に呑む相手。

■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:串やき鳥 囲炉裏
場所:大阪市福島区福島5-11-15
時間:17:30~23:00 日祝休
電話:06-6455-3737
e0173645_21291593.jpg

by nonbe-cclass | 2010-04-12 22:46 | 食べ歩き(焼鳥) | Trackback | Comments(0)  

トラックバックURL : http://cnonbe.exblog.jp/tb/12463694
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 脱走野郎 鉄道写真館(1)~EF60・ま... >>