十三の居酒屋「ほろ酔」

十三に降り立った。
行ってみようかな、と思って向かった店が満員御礼だったりして・・・
ん~じゃあ、どこにしようかなあ。

おし、ここにするか。
「ほろ酔」だ。
がやがや感がほしい時、一人で静かに呑みたい時・・・色々あるけど、
カウンターで、一人ゆっくり酒を呑みたかったから、ここに決めた。

さてさて、ずら~っと掲げられているメニュー。
悩むなあ。でも、普段あまり見かけないメニューから始めてみるかな。

お造りを・・・ん?こんなんあるんや。
まずは、赤エイ造り(500円)。

エイを造りで食べますか・・・スミソでね。
エイって聞いただけで、サメじゃないけど、アンモニア臭がきついのかしら、と思ってしまう。
独特な味なんだろうか・・・
んー造りが出てくると、まずビジュアルが独特だった。紅白の縞模様・・・縁起がいいんだかか、気持ち悪いんだか。
e0173645_23272370.jpg

あ、でも、全然臭みないや。新鮮なんだろうね。
食感は、なんか蒟蒻ゼリーみたくぷるんぷるんした感じ。面白いなー

旬なところで春野菜・・・
のびる(380円)いただこうかな。食べ方聞かれたけど、そのまま味噌つけて食べよ。
野蒜の「蒜」はネギの総称、独特の辛味と風味が爽やか。んー島らっきょうな感じ。
e0173645_2331401.jpg

酒は日本酒に。
愛媛は梅錦山川株式会社の「梅錦」(630円)。
甘い香りが来たかと思えば、その後すっーとひく。でも余韻が楽しめる一杯。
e0173645_2332060.jpg

んーのびる続けて食べ過ぎて、口の中が辛い・・・
にんにくじゃないけど、口の中がネギ臭くなっちゃった。

初物たけのこ(380円)は焼きで。煮物もあったけど、ここは香ばしくいただきたいところ。
これを、ふきみそで。んー柔らかい。美味い!
e0173645_2332739.jpg


■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:ほろ酔
場所:大阪市淀川区十三東2-11-14
時間:17:00~23:30 日・祝日の月休
電話:06-6304-1805
e0173645_21344971.jpg

by nonbe-cclass | 2010-04-08 21:42 | ・阪急十三 居酒屋 | Trackback | Comments(0)  

トラックバックURL : http://cnonbe.exblog.jp/tb/12437328
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 目覚めのブレックファースト? 伊丹にも来るのね~モヒカンジェット >>