串本・太地探訪(2)~くじらの博物館

串本は、地図みてもらうと和歌山の一番南で、太地だともう伊勢寄りだ。大阪からだと結構な距離だわね。
太地といえば、くじら。古式捕鯨発祥の地ですな。
ホエールウォッチングでも有名な熊野灘・・・ではあるんだけど、太地町からは船はでてないんだって(鯨を見世物にしない考え方があるため)。

やってきたのは、くじらの博物館だ。
博物館ということからも、鯨の生態や捕鯨に関するものが展示されている。
e0173645_9343098.jpg
e0173645_9344112.jpg

でも、ここは展示だけの博物館じゃあないんだよね。

いますねん、泳いでいるイルカや小さなクジラが。
e0173645_9454929.jpg

e0173645_9481088.jpg

200円で餌もあげられるし、イベントショーもいいんだけど、
ここでは是非「イルカと遊ぼう」(1000円)を体験したいところだ。
5分という短い時間だけど、プライベートな時間が待っている。
魚屋さんにみたいなズボンをはいて、いかだに腰をかける。
e0173645_9544026.jpg

ナデナデ・・・へーつるつるなんですなあ。
トレーナーは1頭を相手にしてたんだけど、もう1頭いてC級呑兵衛の方に寄ってきて、相手してもらおうと足をつついてくるんだよね。口をナデナデすると、くるっと仰向けになったりと愛嬌たっぷりだ。
餌やりやほっぺにチュなんてのもあるんだけど、目の前でジャンプしよりますねん。
ぬおっ!近い近い!
e0173645_957369.jpg

他のお客さんの背後からシャッターを切ってみると、こんな感じ。そりゃ、子供喜ぶでしょ。
e0173645_9575296.jpg


ここにはシャチもいるのか。このショーは見てみようかな・・・
とか思ったら、ショーをするスペースの横でのんびり時間待ちしてるシャチが。
他の所だと、ショー以外はバックヤードに入って見えなかったりするのに・・・
e0173645_10175471.jpg

ショー開始まで少し時間あるだけど、一番前に座って待ってよ。
あったかい缶コーヒーが恋しいくらいの微妙な寒さなんだけどね。

ショーが始まる音楽が流れると、シャチは「はいはいー」って感じで、ショーをするスペースに自分で泳いでやってくる。
大きい体してんのに、よくあんな高いところまで跳ねられるよなあ。
e0173645_10414679.jpg

跳ねるでいくと、お決まりなのが水しぶき。
「最前列は気をつけてください~」とか言ってるけど、明らかにこっち来って跳ねようとしとるやないか。
ほら、近いって!ヌワッ!
C級呑兵衛と良妻の間にいるJr.・・・なぜか、Jr.だけが面白いくらい水浸しになっていた。普段の行いなんだよ。
e0173645_10464797.jpg

e0173645_10465651.jpg

おいおい、とか思っていても、最後「バイバイ」と尻尾で挨拶されると憎めない。
e0173645_10513216.jpg


ショーが終わると、観客席の方にシャチがやってくる。トレーナーによる生態の説明&写真撮影会ですな。
こんな近くでみられるんですな。
e0173645_10523338.jpg

by nonbe-cclass | 2010-04-03 10:23 | ・旅・街散策・遊びスポット | Trackback | Comments(0)  

トラックバックURL : http://cnonbe.exblog.jp/tb/12416307
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 串本・太地探訪(3)~橋杭岩・... 串本・太地探訪(1)~串本海中公園 >>