芋焼酎「桜島」

「焼酎買うてきてー、氷もな」

あれ?焼酎もう家になかったかなあ。
まあ、ええか。どっちみち呑んでしまうし。
仕事帰り、家の近所の酒店「楽市」で焼酎を物色する。

C級呑兵衛は基本、芋。
黒糖の他、「佐藤」「釈云麦(じゃくうんばく)」「おこげ」等こうばすぃ~麦も好きなんだけどね。

ま、あんまり選ぶのに時間をかけてもしょうがないから、これにするか。

「桜島」

鹿児島南薩摩は本坊酒造の酒。
南薩摩産の黄金千貫を100%仕込んだ ものですな。
e0173645_22262940.jpg

桜島か・・・実際の桜島って、随分と昔、この目で1回しか見たことがないんだよなぁ。
その時、鹿児島にいるとビビビという厳し目の揺れが時々あって、「地震かな?」と思いきや、噴火って話をきいたな。

この、芋の香りとこの香ばしさ。
呑んだ後も、口の中には芋の香りがホールドされる。
まろやかという感じよりは、力強さを感じる酒ですな。

するめ足を肴に。

by nonbe-cclass | 2010-03-09 22:26 | ・C級呑兵衛 | Trackback | Comments(0)  

トラックバックURL : http://cnonbe.exblog.jp/tb/12281841
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 「銀河鉄道999」のキャンペーン 石橋の居酒屋「宵ノKOFUKU」 >>