激旅!台湾3泊4日(その5)

激旅!台湾3泊4日(full ver.)
~第5回:龍山寺~

10月19日(月)夜、
永康街からホテルへ一旦戻って、喉を潤してやり、足をいたわってやり・・・
e0173645_2375226.jpg

e0173645_238961.jpg

このさきいか、思いっきり日本語で「北海いか」ってかいてあるんだけど、おもいっきり台湾メーカーの商品だ。日本からの輸入でもない。日本でも商品名を英語にしたりするのと同様、日本語にしているだけのことで、何ら問題はない。美味しいし。
ま、韓国の「かっぱえびせん」とか「きのこの山」ぱくりに比べればね。え?知らない?じゃ、参考までに韓国行った時(2005年)の写真を。ぱくるならちゃんとぱくれよ言いたいね、かっぱえびせんは全く味が違うから。

e0173645_10383249.jpg

さ、落ち着いたところでまた出掛けるぞー

夜は、ホテルから南へ歩いて龍山寺(ロンサンスー)へ向かう。
龍山寺は、台湾で最も古い寺院のひとつ。煌びやかであると同時に歴史を感じる佇まい。夜景に浮かび上がる姿が、一層、神聖さを浮き立たせる。
日本と異なり、老若男女問わず熱心に参拝する人達が後を立たない。だから、観て回るにも写真を撮るにも、立ち位置ミスらないように気を遣う。
e0173645_2394954.jpg
e0173645_2310114.jpg
e0173645_23101248.jpg

で、ここに来たのは龍山寺もあるんだけど、やはり夜市ですな。
夜市といえば、初日に行った士林夜市が有名なんだけど、このエリアの夜市もなかなかの規模ですぞ。屋台が並ぶ通りもあれば、アーケード商店街もあるのね。士林夜市ほどごった返すことがなかったから、気分的にもゆっくり見て回れる。

「・・・。」

このブログを書くまで分かっていなかった。
この夜市をガイドに載っている華西街観光夜市だと思っていたんだけど、それはアーケード商店街部分だけを言うようで、ここはそこへ行くまでの通り(廣州街)だった。
でも廣州街が、名前のない屋台通り夜市になっているってことだから、ガイドでイメージしていた以上の夜市になっているわけだよね。下の写真は廣州街なんだけど、賑わってるでしょ。
e0173645_23105626.jpg
e0173645_2311285.jpg
e0173645_23111298.jpg

「また、Jr.はゲームか」
旅行前は「士林夜市にはゲームもあるんだあ」とか思ってたけど、どの夜市でもデフォルトですな。
エアダーツってか。ゲーム機には1盤50元(NT$50:約150円)と書いてるんだけど、その横に紙で「3盤100元」って張ってるよな。ん~商売根性むきだし。ま、結果、3盤させられることになるんだけどね。またこんなにボール渡されて・・・飽きるくらいエアダーツできるぞ。ほら、Jr.も最後の方になると、またやっつけ仕事みたいになってるや。
近くでは、おっさんが囲む屋台があったんだけど、なんだろ。賭け事かな。
e0173645_23115240.jpg
e0173645_2312343.jpg

さて、少し足を進めるか。
雑貨やゲームが多かったエリアから、再びグルメな通りになってきたな。
e0173645_2312196.jpg

せっかくだし、ここで臭豆腐にチャレンジしてみようかな。
おねんさんが切り盛りする「素食」と書かれた黄色い看板の屋台。
e0173645_23123590.jpg

臭豆腐(NT$40:約120円)をお願いする。
しゅわしゅわーと油の中で臭豆腐が軽快に踊る。ま、臭豆腐くんがどれだけ軽快であっても、その周辺がくっさいのは間違いない。
臭豆腐は知っていても、実際どう食べるのかってあまり考えてなかったから、手渡された時は新鮮な感じだった。
からっと揚がった臭豆腐に甘辛のたれがかかるんだ・・・ほー、そして白菜漬けが添えられるのね。
e0173645_23125772.jpg
e0173645_2313485.jpg

屋台裏のテーブルへ。
あっつ!くっさ!あ、でも・・・あ、くっさ!あつつ、くっさ。
・・・でも、あ、うまいうまい。臭豆腐は豆腐そのものがどうこうなってるんじゃなくて、豆腐を納豆菌などのタレに漬け込んでるから臭いわけ。
そういう意味では豆腐くん自体がもっとも災難なわけ。

華西街観光夜市(華西街)の一筋西側に悟州街という通りがあり、ここも屋台通りになっている。あっ、ここの屋台、悟州街ロゴが入ったオレンジ看板にみな統一されてるや。
士林夜市と比べると・・・ほー、こちらは生もの(特に魚介)を扱うところが多いですなあ。
それをそのままではなく、焼き焼きして食べるんだろうけど。
バーベキューが如く、海老や蟹を焼いて酒を飲む人たちもいたね。
e0173645_23132522.jpg
e0173645_23133531.jpg

さて、魚介でいくと、イカ王のC級呑兵衛としては、ちょっとおさえておきたい店が・・・
廣州街にある「兩喜號」だ。
e0173645_2314222.jpg
e0173645_2314920.jpg

とにくかくイカにこだわった歴史のあるお店で、ここで魷魚羹麺の小(NT$45:約135円)を注文。
とろみのあるスープの中に、イカがメンマの如くふんだんに入っておりますな。噛むほどに、イカの旨みがじわじわっとやってくる。スープも香ばしくてはまるわー
e0173645_23143960.jpg

さて、このアーケードからが華西街観光夜市だ。
この天井からぶら下がる青いプチプチ照明がチープで親近感がわく。
e0173645_231455100.jpg
e0173645_2315379.jpg

イメージしていた屋台夜市ではなく、こちらは完全な商店街スタイル。地元色が強い感があるけど、整然としているからか、ちょっと面白みに欠けるかな。「毒蛇研究所」なんて店も。
ただ、歩いていくうちに人通りが少なくなり、「あれ?ここ新世界の「動物園前1番街」だっけ?」と思わせる、少し危険な香りとディープさが全面に出てくる。
e0173645_23152360.jpg
e0173645_23153018.jpg

アーケードを抜けると、そこにまた店があったりもしたんだけど、そろそろホテルへ戻っていくことにした。繁華街と逆に出ると、人通りが殆どないなあ。
おっと、こんなところに寺院が。黄色い提灯がまぶしい。
e0173645_23154712.jpg
e0173645_23155491.jpg

これってさあ、夜市、全部見て回れてないよなあ、きっと。
ガイドには、龍山寺の周辺に、他にも仏具街とか西昌街観光夜市とかって書いてあるんだもの。
龍山寺駅の北側、東西に伸びる廣州街を底辺に、そこから北へ伸びる通りがいくつもあり、それが(西から)悟州街、華西街、仏具街、西昌街なわけ。
今回は、そのうちの前者2つと廣州街ということで、駅西側を散策したってことだね。

ま、帰りにいつもの「全家」には寄りますよ。
店内はホント日本のものもあるから全然違和感はないんだけど、外に出たとたんに店の前に屋台があるのは台湾ならではですな。
e0173645_23162056.jpg

あ、あと日本と違うのはレジでお金払うでしょ。袋には入れてくれない。エコだねー袋は有料。
だから、一番最初、支払い後レジ前は微妙な空気が流れたさ。
「いつ袋にいれんだよ」「こいつ、早くいけよ」のかけひきでね。

【次回に続く】

by nonbe-cclass | 2009-10-19 23:57 | ・激旅!台湾3泊4日2009 | Trackback | Comments(2)  

トラックバックURL : http://cnonbe.exblog.jp/tb/12172917
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by lbizkorea at 2010-02-19 15:15
こんにちは。
韓国料理レシピが満載のブログ「アナバコリア 韓国料理レシピ集」です。
今日は「ワカメとキュウリの和え物と冷汁」のレシピをアップしました。
韓国料理に興味がありましたら、参考にしてみてください^^

また、現在クイズイベントを行っております、豪華な賞品も御座いますのでアクセスお願いします。
Commented by nonbe-cclass at 2010-02-23 00:07
こんにちは!
韓国料理うまいですよね。近所に結構韓国料理の店があって、ちょくちょく出かけてます。
レシピ集、参考にさせてもらいます。

<< 石橋の蕎麦「入船」 激旅!台湾3泊4日(その4) >>