讃岐うどんツアー~中村うどん

e0173645_8161180.jpg「思い立ったら四国 うどん三昧日帰りさぬきうどんツアー7」

2軒目は、「中村うどん」だ。

以前に同じ丸亀の「なかむら」に行ったことがあるんだけど、
その店は「目印のこいのぼり」と、「ネギを裏の畑で自分で採ってくる伝説」で有名だった。
今回の「中村うどん」は、その店の兄弟店だ。

この店は、広い道路沿いだし、ビルの1Fにあるので、すぐに見つけることができた。
車窓から少し店がみえたところで良妻曰く、
「並んでるけど大したことなさそう」

適当な観察力が悲劇を呼ぶ。
店の前だけをみると、確かに20~30分待てば入れそうな気はする。
・・・が、その列は、この店が入っているビルの端までいって、そこからさらに曲がって続いていた。
とりあえず、並ぶか・・・ここまで来たし。
すぐに後ろにも列が出来たんだけど、あまり時間の経たないところで、店の人が小走りで後列に向かっていった。「終了しました」目印を最後尾の人に持ってもらうためだ。
危ねー、タイミング逃せば食べれなかったぞ。

・・・とにかく待ったな。
これまで最強の待ちだったのは、「日乃出製麺」で、あの時以来の2時間待ちだ。

e0173645_8494969.jpg釜玉(250円)をお願いする。
お願いしたら、茹で上がるまで席について待っておく。
呼ばれたら取りにいって、自分で薬味やダシを入れる。「ネギは2ハイまで」ですな。了解了解。
あ、揚げたてのちくわ天麩羅ももらおうかな。

こう書いてあったりするんだけど、マナーを守らない人が多いね。
店の人も何度も注意してたもの。ネギたくさん入れる人もいれば、しょうゆうどんじゃないのに大根おろしを使う人とか。なんで、ちくわ天麩羅の横に大根おろしがいるよ。

C級呑兵衛は、ネギをのせて、ちくわを取って席に着く。
今回はダシではなく、醤油をかけていただくことにしよう。
席にある生姜も少しすって・・・
「醤油はかけすぎないで下さいね。辛いですよ」
ほんとだ。色目は明るいのに塩辛さがかなり勝ってますなあ。
あ・・・美味しい、この釜玉とこの醤油の相性バツグン。

麺は、すごく柔らかいのね。
でも、口に入れて麺を引っ張ると、ミョーンと伸びてすぐに切れないコシ。
いやあ、このモチモチ感がたまりませんなあ。

e0173645_820432.jpg■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:中村うどん
場所:丸亀市土器町東9-283 クローバーショウエイビル1F
電話:0877-21-6477
営業:10:00~14:00 金休

by nonbe-cclass | 2009-05-09 09:17 | 食べ歩き(さぬきうどん) | Trackback | Comments(0)  

トラックバックURL : http://cnonbe.exblog.jp/tb/10204793
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 讃岐うどんツアー~木田酒店 戦国武将「荒木村重」 >>