ボンバルディア DHC8-Q400

福岡に出張ということで、朝から伊丹空港にいた。
東京出張の際と時間帯が変わらない、いつもな感じで保安検査場を通過する。

いつもなら9番10番ゲートなんだけど、今回は検査場から右へ歩き12番ゲートへ。
「あれ?飛行機いないじゃん」

暫くすると、どこからともなくブイ~ンと音を響かせながら飛行機が入ってきた。
「ちっちぇーなあ、おい」
ボンバルディア DHC8-Q400だ。
e0173645_17402112.jpg

福岡便なのにプロペラ機なのか・・・
ボンバルディアと言えば、一時期、事故・故障が続いた機種として知られているよね。
着陸時、前輪が出ないというアクシデントを何度も耳にしたことがある。
あと、プロペラが機体の上にあるので、着陸時は、頭から突っ込むような形で滑走路に入らないといけないという、何かとパイロット泣かせだとも聞いたことがある。

色々と実績をお持ちの機種なのでワクワクしますなあ。

搭乗は機体が小さいので、フィンガーから直接は乗り込めず、一旦、外へ出る。
小さい飛行機でも、直接間近でこうしてみるとやっぱりいいもんですな。
e0173645_17411392.jpg
e0173645_17412353.jpg

飛行機に乗り込んだ途端、機内が広くないことはすぐに分かるんだけど、
入口右手すぐにもう座席がある。加えて、その上には荷物入れがあるわけ。
この荷物入れの角が乗り込む際に注意しないと、頭をぶつける可能性があるわけ。
ただ、そこは航空会社も考えていて、マジックテープで脱着可能なクッションをつけている。
C級呑兵衛は、それにすぐ気付いた。
・・・気付いたんだけど、そっちに気を取られて、そもそもの機内の低さを考慮せずに乗り込んだら、いきなりおでこと頭部前面を上部にぶつけてしまい、首をグキッといわしてしまった。

ブイーンと軽快なプロペラ音をならして滑走路を進み、いざ離陸というときになると、「ほないきまっせー」と言わんばかりにヴォ~ンとパワーを上げ、一気に速度を上げて飛び立つ。窓から見える景色・・・地面に近いだけに体感速度が速く感じる。
e0173645_17415010.jpg

雲を越えるんだけど、下にみえる景色がジェット機よりも近いのかな、じ~っと見入ってしまう。
帰りもボンバルディアだったんだけど、同じようにじーっと景色を眺めていると、キャビンアテンダントがお手製のルートマップをくれたぞ。
こうしたアットホームなサービスもしてくれるんだね。
いやいやどうして、快適な空の旅でしたな。

by nonbe-cclass | 2009-03-10 23:14 | C級呑兵衛 | Trackback(1) | Comments(0)  

トラックバックURL : http://cnonbe.exblog.jp/tb/10013724
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from 牛乳キャップの「めざせ!.. at 2009-03-18 12:04
タイトル : 全国・駅ソバ行脚(番外編・伊丹空港)
昨日から次男と旅に出ている牛乳キャップ。 阪急宝塚駅から阪急バスで伊丹空港へ。 昼過ぎのプロペラ機に搭乗したよ!! ...でも実は私、飛行機を見るのは大好きだけど 乗るのはからっきしダメ。 ↑怖いだけです。なので  ジェットコースターも、もちろんダメ。 告白するとしらふでは一人で飛行機に乗れない~...かも。 昨日もけっこう緊張した面持ちで搭乗していると 隣に座っていた乗り物好きの次男から 超オタク的な質問攻めにあう。 そんな質問、誰が答えられるねん!!! ありがとよ。 おかげで気が紛れ... ... more

<< ブルートレイン「はやぶさ」 石橋の居酒屋「鳥貴族」 >>