庄内の居酒屋「ニューことぶき屋」

阪急電車での通勤、毎日見る車窓から、
「あの店ってどんな感じかなあ」と思う店がいくつかあって、
随分と前だけど、庄内の立ち呑み処「筍」も、そうして出かけた店の一つだった。

実は、今回はその立ち呑み処「筍」と同じ通りにある店を訪れてみた。
外からは中の様子が分からないから・・・入れるかなあ。

「ニューことぶき屋」だ。
もう、ずっと来たい来たいと思っていた。
ちょっとためらいもあったんだけど、ええい入ってしまえー

カラカラカラ・・・
店のおかあさんも含めて中の人が一斉にこっちを見る。お、きたね久々の緊張感
でも、その瞬間だけで、店のおかあさんは「どうぞ!」と小気味よく声をかけてくれた。
先に冷蔵ケースの中身だけ確認して、入口に近いカウンターに腰をかけた。

C級呑兵衛以外は、一つの話に全員が絡んでるから常連だ。
いきなり、隣の客がC級呑兵衛に、「これ、バレンタインやから好きに取って取って」
差し出されたのは、店が用意していたのか、器に盛られたチョコレート。
「んじゃ」と2粒手に取る。

ニューことぶき屋後からやって来た常連にも、他の常連がまた同じことをするんだけど、
「これ、勘定に入ってるかもしれんで~」
・・・そんなやり取りを見ながら、ビールとほたるいかをつまむ。

店のおかあさんがいい意味で男前だ
チャキチャキっとした感じで、気持ちがいい。
でもって、C級呑兵衛のような一見にも、しゃべりはせずとも、とても気にしてくれていることが分かる。
常連客は話が盛り上がって、女性客の一人がえらく酔ってご機嫌だったんだけど、そのやりとり全体が妙に親近感が沸くのね。
これって、店のカラーなのかなって思ったね。居心地がいいわけ。

ニューことぶき屋あじの造りを生姜でいただく。うん、美味い。

カウンターの上に、銀杏が入った器を見つける。
「銀杏?あいよ」
と言ったが早いか、煎る専用の器具に手で掴んだ銀杏をパラパラと入れていく。
・・・が、器に入っていた銀杏全部入れちゃったよ。

こんがりと煎った銀杏に、「これ割るやつな」と殻割器を渡される。
パキっと割った殻の中から、きれいな黄色の実がのぞく。
アツアツのホクホクがたまらん。

何のしがらみもなく、ここでお酒を呑んで純粋に「良かった」と思えたということは、いやーやっぱり来てよかった。

ニューことぶき屋■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:ニューことぶき屋
場所:豊中市庄内西町2-1-8
電話:06-6332-2974

by nonbe-cclass | 2009-02-15 17:24 | 居酒屋めぐり(関西) | Trackback | Comments(0)  

トラックバックURL : http://cnonbe.exblog.jp/tb/10013709
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 川西能勢口の焼肉「勝っちゃん」 十三の居酒屋「マグロ屋 鉄」 >>