恵比寿の鶏料理「軍鶏丸」

「以前はすぐに入れたんですけどね~今はなかなか予約とれないですよ」
イニシャルH氏が語る。

予約が取れたときには是非、という話が本当に実現した。
いやあ、有難い話ですなあ。
JR恵比寿駅から西へ、商店街をくぐり抜けた先にある。
鶏料理の「軍鶏丸」だ。

暖簾をくぐると、何だか懐かしい空間が広がる。
少しのカウンターに6人・4人席がいくつかある程度だ。

お通しとして出てきたのが、野菜スティックに鶏わさ。
鶏わさは、表面を少し炙ってタタキになってるんだけど、出出しから美味い。
そして、手羽揚げ。外はサクッ、中はジューシー。
e0173645_15591553.jpg

e0173645_15593849.jpg

そして、串が順番にやってくる。
まずは、レバー。上にのったわさびと一緒にいただく。
焼きのレバーってモサモサするもんなんだけど、柔らかいし臭みがないし、旨みたっぷりですな。
e0173645_15594671.jpg

次にぼんじりですな。C級呑兵衛の好きなアイテムの一つ。
小ぶりながらも、主張しよるなあ。うまい。
そして、ささみの梅しそ。
e0173645_160088.jpg
e0173645_160891.jpg

暫くすると、テーブルの真ん中に、炭と鍋がおかれる。
鍋って聞いてたから土鍋を勝手にイメージしてたんだけど、どちらかというと、すきやき鍋な感じ。
そして、「こちらをしゃぶしゃぶの感じで鍋の方でくぐらせていただければ」と、レバー、もも、ささみ、砂肝
いずれも生でいけるでしょ。その新鮮な鶏を、さっと鍋の出汁にくぐらせる。
こういう食べ方あるんだねー
e0173645_1603321.jpg
e0173645_1603990.jpg

酒はアサヒビールが販売してるんだけど、麦焼酎の「不知火(しらぬい)」
風味の良い酒なので、ついついゴクゴクッといってしまう。
e0173645_161212.jpg

鍋には豆腐、長ネギも入って・・・
ここで、つみれ登場。
これは、割烹着を着たお姉さんが、箸で一つずつ形作って鍋に落としていく。
これも、生でいけるところをさっと湯通し。
半生状態でのつくねをいただくんだけど、これが最高にうまい。思わず唸ったぞ。
e0173645_1611532.jpg

あと、つくねを食べた後、つくねのつなぎに卵が使われてるのか、出汁の上澄み部分に浮くのね。
小さな器が運ばれてきて、この中に塩を入れて、ここに鍋の出汁を上澄みもあわせて入れる。
鶏スープですな。これもまた絶妙。〆にはうどん。
e0173645_1613474.jpg

軍鶏という品種といい鮮度といい、そして、その素材を殆ど触らず、ごまかしのきかない贅沢な食べ方・・・最高だわね。
いやあ、勝負のために生まれてきた軍鶏に完敗ですな。

■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:軍鶏丸
場所:東京都渋谷区恵比寿南2-3-11
電話:03-3760-3903
営業:18:00~22:00 日祝休
e0173645_15592414.jpg

by nonbe-cclass | 2009-01-27 23:04 | 居酒屋めぐり(東京) | Trackback | Comments(0)  

トラックバックURL : http://cnonbe.exblog.jp/tb/10013691
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 東京駅前の屋台ラーメン 横浜の中華料理「鴻昌」 >>