石橋の焼肉「やみつきのした」

焼肉といっても、今回のお店は少し内容が違う。

国道176号線沿いにある、石橋の「やみつきのした」だ。
黒と赤を基調としたロックなデザインが微妙な怪しさを漂わせるが、牛タンと鉄板鍋が楽しめる
東京や大阪で、焼肉・鉄板焼きを展開する「きのした」が、この地、池田でも営業している。

まあ、外の人通りと無関係に店内は満員。

さて、名物はぶつぎり牛たん焼と鉄板鍋か。
どちらにするかというよりは、最初に焼き物を注文し、後半で鍋に切り替える・・・他の客もそんな感じだそうだ。

で、ぶつぎり牛タン鉄板焼(1480円)をお願いすると、ちりとり鍋が如く鉄板がテーブルの中央におかれる。
そして、ぶつぎり牛タン。わっ、なんじゃこの分厚さは。鉄板におくと・・・完全にステーキじゃん。
焼いて、はさみでカットして食べるんだけど、こりゃ食べ応えありますな。しかも、適度な食感を保ちながらも柔らかいし。
e0173645_013189.jpg

岩塩ユッケ(890円)に極上ハラミ(880円)。
ユッケはよく甘めのタレがかかっていることが多いんだけど、
こうして旨みのある塩と食べると、肉の甘味が一層引き立つね。
e0173645_0135149.jpg

白赤はっきりとした色みの極上ハラミ、
これも厚めに切ってあるから食べたときにも食感と肉汁がたまらない。
e0173645_0141438.jpg

そして、新鮮!!手巻き野菜で茶美豚(1280円)。
茶美豚(ちゃーみーとん)は国産豚、鹿児島を中心に飼育されている。
これを焼いて、野菜に巻いて食べるわけ。サムギョプサルですな。
e0173645_0142732.jpg

んー、ここまでで既にいい塩梅なんだけどなあ。
元祖こだわり鉄板鍋(1580円)は2人前から。
5種類の肉と野菜を秘伝のダシでいただく。ぐつぐつと煮立って野菜がしなってくると、どうにも食欲が出てくる。
e0173645_0144322.jpg

焼肉というイメージで行くと品揃えが違うんだけど、
ここで扱う肉は、一度食べる価値あり。

■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:牛タン×鉄板鍋 やみつきのした 池田店
場所:池田市鉢塚1-7-7
電話:072-762-8329
営業:18:00~24:00
e0173645_0145969.jpg

by nonbe-cclass | 2009-01-10 23:25 | ・阪急石橋 焼肉 | Trackback | Comments(0)  

トラックバックURL : http://cnonbe.exblog.jp/tb/10013675
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 今年のえべっさん 西宮えびす 梅田の居酒屋「神戸たちばな」 >>