神戸の北京料理「愛京」

神戸南京町にやってくると、軒先で湯気をもうもうと立てた饅頭などが売られ、ついつい目移りして、
結果として、あれもこれも食べてる状態なんだけど、そういや、あまり店に入ってじっくり食事をすることってないなあ。

色々歩いて喉がめちゃくちゃ渇いているし、ちょっと腰掛けたいとも思っていたから、どこか店に入るか・・・
「リニューアルオープン」の看板が目に飛び込んできたので、
北京料理「愛京」に入ることにした。

いやなに、ちょっとつまむだけなんだけどね。

愛京ビールビール・・・とにかく、ビール持ってきて。

餃子食べるか。
焼き餃子(480円)・・・は、2人前からの注文なのね。
「ヤキギョーザデス」と運ばれてきた餃子・・・でかいな。1個で2役以上兼ねてるわね。
2人前なのに5個とはこれいかに。

そして、手作り小龍包(4個:580円)。
餃子も小龍包も、もちもち厚めの皮が特徴。
それだけに小龍包は、もちもちの食感に気を取られていると、急に中の激熱肉汁をお見舞いされることになるぞ。

愛京■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:北京料理 愛京
場所:神戸市中央区元町通2-8

by nonbe-cclass | 2008-12-12 23:55 | ・食べ歩き(エスニック) | Trackback | Comments(0)  

トラックバックURL : http://cnonbe.exblog.jp/tb/10013651
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 石橋の居酒屋「MA hiro」(2) 花隈の滋賀県物産「近江の館」 >>