福島の居酒屋「のろのろ」

福島区は、昔ながらのいい佇まいが色濃く残る街なんだけど、
一方で、新しいものが生まれるアクティブな街でもあるんだね。

居酒屋一つとっても、昔からの建物をそのまま活かすために改造して、営業するスタイルがいくつもある。
今回もそのスタイルで、隠れ家的な店を紹介しようかな。

「のろのろ」

のろのろのろのろ気が抜けそうな店名だけど、
落ち着いた雰囲気で楽しめる居酒屋だ。

メニューをみていると、自家製ラインナップも目につくし、
各地から取り寄せた食材を使ったメニューもお目見えする。

のろのろのろのろお造り盛り合わせ(1000円)はヒラメ、カンパチにタイ。
枝豆は、茹でではなく網焼き(380円)だ。香ばしい風味が味わえる。

豚の角煮と煮玉子(630円)に牛すじのやわらか煮込み(450円)。
よく煮込んであって柔らかいし、しっかりとした味わい。

「たちばな」原酒(700円)で舌を湿らせながら、ご当地もんをいただくか。
八戸港イカ一夜干し網焼き(550円)に、豊後アジの干物ゆず胡椒添え(500円)。
イカうめ~柔らかいなあ。豊後アジも風味豊かで、ついつい箸が伸びてしまう。焼酎に合いますなあ。

まったりしてくると、自分の動作まで「のろのろ」してくるな。

のろのろ■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:酒肴 のろのろ
場所:大阪市福島区福島3-8-10
電話:06-6453-2358
営業:17:30~24:30(L.O.23:30) 日休

by nonbe-cclass | 2008-11-24 23:44 | ・居酒屋めぐり(関西) | Trackback | Comments(0)  

トラックバックURL : http://cnonbe.exblog.jp/tb/10013639
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 恵比寿のネパール料理「ソルティ... 折り紙の「パクパク」 >>