十三の居酒屋「浮世」(2)

イニシャルSK氏が一軒目を出た後に、
「十三がいいんですけど」

・・・あ、なに2軒目行くってことなのね。
何か十三も久々感があるんだけど、
今回は、少し落ち着いて美味い酒を飲める店にしたいところ。

浮世「そうだ、あの店にしよ」とやってきたのは「浮世」、2回目の紹介だね。
焼酎のラインナップが素晴らしいんだよね~

まずのところは、「農家の嫁」
霧島町蒸留所の芋焼酎で、「明るい農村」が有名なところですな。

C級呑兵衛は「黒瀬」など、香ばしい~のをロックでくいっ、といくのが好きなんだけど、
この「農家の嫁」も黄金千貫の焼芋焼酎なわけ。だから、「明るい農村」(黄金千貫の芋焼酎)と呑み比べてもすぐに分かる。
おいし。

良き焼酎は、
良き土から生まれる。
良き土は、明るい農村にあり。
明るい農村は、「農家の嫁」がつくる・・・素晴らしい。

店の方から、突然、
「ブログにのせていただいて、有難うございました」

そう・・・確か以前に来た時に、「ブログに書きますね」と言って名刺も渡してきたんだっけ。
その後、数日遅れて店の紹介をし、今、Yahoo!で「十三 浮世」で検索したら、トップになってるじゃん。
でも、その記事って今年の2月くらいのお話。よく、顔見て覚えてましたねー。
こうした記事を書くので、お客さんの中には、C級呑兵衛が常連だと思っている人もいるらしく、「一度会ってみたい」という人もいるそうな。
ま、しがないサラリーマン、何処にでもいるおっさんですよ。

オススメのところで、
紫芋焼酎の焼酎「タイガー アンド ドラゴン」をもらう。
鹿児島は種子島、四元酒造の酒だ。

「タイガー アンド ドラゴン」は黄金千貫100%の焼酎なんだけど、
特約店のみの限定販売。
今回は、それのさらにレアもの、紫芋の「タイガー アンド ドラゴン」ときた。

浮世浮世ラベルの裏面に、「虎の如く、うまい酒をかぎわけ龍神の如く、がぶ飲みをする。この者を馬鹿者と、呼ぶ。」か。
ニャハハ、うまい酒をかぎわける力は無いけど、がぶ飲みはありそうだから小馬鹿ちゃんだわ。

宇和島じゃこ天(480円)に、
オイルサーディンと玉ねぎサラダ(560円)をもらう。
じゃこ天さんが、外側の焼きの部分が香ばしい風味で美味。焼酎がすすむ。

浮世■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:焼酎処 浮世
場所:大阪市淀川区十三本町1-4-22
電話:06-6886-1777
営業:18:00~23:30

by nonbe-cclass | 2008-11-21 22:03 | ・阪急十三 居酒屋 | Trackback | Comments(6)  

トラックバックURL : http://cnonbe.exblog.jp/tb/10013635
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by C級呑兵衛 at 2008-11-26 08:19 x
リンダマンさん、こんにちは!
「平八」も「はながさ」も十三では外せない店ですよね。特に「はながさ」は後発でありながら、メディアによく取り上げられ、益々人気店になってますね!
Commented by リンダマン at 2008-11-26 12:07 x
お~今日は十三ですか!
十三でよく良く店は「平八」か、立飲み沖縄料理の「はながさ」ですね。あと十三はホルモン系も美味しいですよね!
生ビールが欲しくなってきました^^
Commented by リンダマン at 2008-11-26 23:36 x
C級飲兵衛さん
あらら、さすが!良く分かっていらっしゃる!!^^
合流できたら楽しいのでしょうけど、十三でバッタリ会うかも方法がないのでしょうかねぇー。。
Commented by リンダマン at 2008-11-26 23:36 x
C級呑兵衛さん
あらら、さすが!良く分かっていらっしゃる!!^^
合流できたら楽しいのでしょうけど、十三でバッタリ会うかも方法がないのでしょうかねぇー。。
Commented by C級呑兵衛 at 2008-11-27 22:29 x
リンダマンさん、こんにちは!
「十三でバッタリ」シチュエーションも面白いですね。以前にもブログを読んで十三に呑みに来た人たちと偶然隣り同士になったなんてこともありましたが(笑)
ブログで「いついつ、このあたりに出没します」なんてこと書いてみますか(笑)
Commented by リンダマン at 2008-12-01 23:01 x
それ、良いですね!
「C級呑兵衛さんが気になる方!ただ飲みたい方!十三の店は気になるけど1人で入れない方!誰でもいらっしゃ~い」みたいに!

<< 折り紙の「パクパク」 嵐山の蕎麦屋「よしむら」 >>