渋谷の居酒屋「魚真」

「へー、そういうのがあるんだー聞いたことないや」
メニューを見て、名前だけでは、どんなものか想像できない時はワクワクするし、頼んでみたくなる。今回もそうだった。

渋谷にある居酒屋「魚真」だ。
長ーいカウンターが奥へと続く、天井も高く開放的で比較的大きな居酒屋だ。美味い魚料理が堪能できるとあって、店内は満員御礼。

e0173645_11072991.jpg

まずは、久々にお目にかかった加賀太きゅうり(400円)をいただくかな。
胡瓜をぽりぽりいわしているというよりは、やはりこの大きさだからウリの様な青さの風味が口の中で広がる。瑞々しくて美味いや。

e0173645_11074598.jpg

造りがとても種類があるんだけど、ここのうれしいのは単品メニューの中にはハーフというのがあること
例えば太刀魚980円ならハーフは540円、イナダ880円ならハーフは490円。
ちょっとずつ色んなものを食べてみたい人にはオススメだね。

「たかべ!たかべって」

え?店員を呼んでるんじゃないぞ。これ魚の名前。
C級呑兵衛自身、あまり目にする魚の名前ではなかったので、スタッフに「何系ですか?」と鉄道マニア風に尋ねてみた。

「聞いてきます」の後、暫くして

「お待たせしました。タカベ科です」

「・・・。」


全く悲しいお知らせだった。何も判断することができない。
いや、でもタカベ塩焼(980円)を食べてみることにしよう。

e0173645_11083870.jpg

ほーほー少し小ぶりな魚なんですなあ。アジみたいね。
一応ね、後で調べましたよ。
そうしたら、スタッフの回答は間違ってないわけ。確かに「タカベ科」なのよね。
ただ、C級呑兵衛は赤身なのか白身なのかも判断できないから、そのあたりを確認したかったんだけどね。
結論からいうとスズキ目ですな。そこでいくとアジと同じだ。
伊豆諸島あたりでは、それこそアジ同様、民宿の朝ごはんにタカベの干物や塩焼きあたりがでるそうな。
関西でも太平洋沿岸、串本方面では知られた魚のようですな。

あ、美味いね。
アジに近い感じはするけど、身がもう少ししっとりした感じで味わいがある。
みなさんも機会があれば、是非「タカベ、タカベさん」をよろしくお願いします。

酒は山形の(れつ)、純米吟醸。
すっきりとした味わいとこの塩焼きのコンビネーションが最高だ。

e0173645_11085693.jpg

■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:魚真 渋谷店
場所:東京都渋谷区道玄坂2-25-5 1F
電話:03-3464-3000
営業:17:00~24:30

by nonbe-cclass | 2008-10-05 23:42 | ・居酒屋めぐり(東京) | Trackback | Comments(2)  

トラックバックURL : http://cnonbe.exblog.jp/tb/10013600
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by C級呑兵衛 at 2008-10-12 09:43 x
小倉沙耶さん、こんにちは!
ついつい「何系?」っていっちゃいました(笑)
でも、その返りは返りで、全く予想していない答えだったので、両者引き分けということで・・・

タカベさんですが、アジよりも少し脂がのった感じなのと、塩味がよく身と馴染んでいたこともあって、すっきりした酒とあったのかもしれません。
Commented by 小倉沙耶 at 2008-10-12 12:07 x
「何系ですか?」
「タカベ科です」
に大爆笑してしまいました。
そりゃ、分からないですよね(^-^;)
101系と103系のコンセプトの違いの様に
「○○に似ていますがここが違って・・・」
と教えてくだされば分かりやすかったですよね。

アジに近いけどしっとりとして味わいがあるんですか・・・でも、重みのあるお酒よりすっきり系のお酒の方が合うんですね。とても気になります。
見つけたら是非食べてみます。

<< 十三の居酒屋「さつまや」 伊丹の餃子専門店「大阪王」 >>