福島の居酒屋「二番どり」

福島に焼鳥屋は色々あれど、
妙に看板が目立つし店名が気になる・・・

「二番どり」

えー・・・一番どりじゃあないのね。なにか意味があるのかしら・・・
ま、「一番どり」という店の名は、個店・チェーン問わず全国に散らばっているけどね。

二番どり二番どり店に入ると、すぐ左手に目がいく。
小さなフィギュアがドワーッと並んでいる。
ドラゴンボールなど鳥山明系が目立ちますな・・・

串の1人前は2串からね。
おっと・・・のっけから気になるメニュー。たまみ(1串140円)。

二番どり二番どり響きから一瞬、玉ひもなどを想像したが、「いや、待てよ」・・・
玉ねぎか!焼鳥の店でよく見かける「ねぎま」「ねぎみ」、これのねぎでなく玉ねぎバージョンなのか。
果たして、鶏の間に玉ねぎが頑張っている串がでてきた。

実は、ここでちょっとした話になった。
この「ねぎま」という表現は、本来は「鶏の間にあるねぎ」じゃないということ。
あと、どこででも通用する表現でもないようだ。

「ねぎま」とは、ねぎとマグロを指す。かつて・・・ではなく現在も。
白ネギとマグロで食べる「ねぎま鍋」というのがある。
鍋だけでなく、ねぎとマグロが串になったものもあったようで、それが時代の変遷と共に鶏に変ってきたようだ。
キューブ状のマグロから、形状そっくりな鶏に変っても、ネーミングだけは残ったようですな。

二番どり皮(1串140円)、なん骨(1串140円)に三角(1串150円)ね。
三角は串じゃなくて、中華料理みたいにコロンコロンで出てきた。

ロース(1串180円)に、しいたけ(1串180円)・・・しいたけは、鶏より値段が高いんだなあ。
箸休めはチャンジャ(350円)、ネギがのわっと乗りすぎてチャンジャ見えないですけど。
ねぎで辛さが和らぐね。

二番鶏が鳴く時間(午前4時頃)までは、さすがに長居は出来ん。
ほろ酔い気分で店を後にした。

niban1.jpg■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:二番どり
場所:大阪市福島区福島5-11-8
電話:06-6451-6718
営業:17:30~24:00 日祝休

by nonbe-cclass | 2008-09-17 23:02 | ・食べ歩き(焼鳥) | Trackback | Comments(0)  

トラックバックURL : http://cnonbe.exblog.jp/tb/10013586
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 河内長野の酒「りょく」 蛍池のネパール料理「カトマンズ... >>