石橋の居酒屋「滋久」(3)

東京から親族がやってきたこともあり、みんなで「滋久」に出かけることにした。
まあ、人気店で予約も大変だわね。
店の人にも無理言っちゃって、何とか20時過ぎには入ることができた。

滋久滋久この「滋久」については紹介は3回目になるので、
今回はちょっと、焼鳥から離れたアイテムをいくつか紹介してみようかな。

自家製のすくい冷豆腐に、温泉たまごのシーザーサラダ。
豆腐が程よい弾力、そして上品な甘味なのでペロッといっちゃう。

滋久滋久さてさて、定番メニュー以外に本日の裏メニューというのがある。
裏メニューと言っても、本日のオススメのように、別にメニューがちゃんと用意されているぞ。

冒頭の写真は、地どりたたきの薬味にこごり土佐酢(680円)。C級呑兵衛好みの和テイスト。
ポン酢の酸味と、しっかりと皮の部分を焼いた鶏の食感、茗荷や大根おろしの苦味の相性が酒を進ませる・・・まったく罪なアテだぜい。

そして、和から洋へ。
ささみのバジル巻とクリームチーズ(680円)、自家製肝パテ・トースト添え(700円)。この辺から、焼鳥を食べに来たとは思えない彩りになってくるわけ。
肝パテうま!トーストにたっぷりと伸ばして頬張る。まったりとして濃厚な味わい。

こりゃワインと合わせてもいいですなあ。いや、ワインが合うな・・・
赤ワインを注文する。

滋久滋久この流れでいくと、紹介の順番間違えたかな・・・いや、でもねこれ美味しいの、とりムネの梅こぶ茶ジャーキー(200円)。
酒呑みおっさんには嬉しいアイテム系。
なんか、駄菓子にある酢いかに瓜二つのビジュアル。
あー、いかちゃうわ・・・やっぱり鶏ですなあ。
「昆布」「梅」「スモーク」・・・酒と親和性の高い味わいが凝縮された(視聴率を取ろうとするテレビ番組のタイトルみたいだわね)アイテム。
おいおいおい・・・赤ワインからまた焼酎に変えんとあかんがな。

Jr.が「甘いよー」
と、いつの間にか注文していたのが、1日限定10個ほどの自家製プリン。スイーツにもこだわってますなあ。

■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:かしわ処 滋久(しげひさ)
場所:池田市井口堂1-104-2 高架5号
電話:072-763-4555
営業:17:00~26:00(L.O.25:00)

by nonbe-cclass | 2008-09-14 22:07 | 阪急石橋 焼鳥 | Trackback | Comments(0)  

トラックバックURL : http://cnonbe.exblog.jp/tb/10013583
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 石橋の蕎麦「珍吉」 何故か、いまパズル >>