梅田の居酒屋「くいしん坊」

華やかなネオン輝く北新地。
高級クラブばかりでなく、最近では色んなテイストの店が賑やかに通りを彩る。
昔から、という意味ではクラブだけでなく、ちょっとした渋い小料理屋も点在しているところが格好いい。

高級クラブには全く縁もないし関心もないC級呑兵衛(C級だって言ってるんだもんね)、
今回は、新地ど真ん中の「お茶漬け」「おでん」の提灯が目を惹く「くいしん坊」に入ってみることにした。

くいしん坊くいしん坊場所が場所だけに、客層が・・・北新地で働く人達が多いですなあ。

タコを食べようかな・・・旬のものもほしいし、造り盛り合わせ(1500円)にした。
鱧もありますな。
タコは噛むほどに潮の香りと甘味が広がりますなあ。

それにだだ茶豆(500円)ね。だだ茶が風味豊か、ほどよい柔らかさで美味。

くいしん坊くいしん坊酒を焼酎にかえて、と。
地鶏の塩焼きは、身は柔らかいんだけど、皮の部分がこんがり焼きあがっていてカリッカリ。

そして、茄子しぎ焼き。
茄子は切り目を入れ油で揚げて、茄子が浸るくらいダシがかかって出てきた。

貝柱を注文すると、食べ方を聞かれたので塩焼きでお願いした。
イメージしていたのは、スライスされた貝柱がしっかり塩焼きされたもの。
でも、ここのは違った。
炙った大粒の貝柱に丁寧に包丁を入れる。すると中は生のまま。
だから、繊維質的なシャクシャク感と生のねっとりとした舌触りが両方楽しめる。

ん?しまった。
提灯にあった「お茶漬け」も「おでん」も食べてないや・・・

くいしん坊■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:料理処 くいしん坊
場所:大阪市北区曽根崎新地1-5-31
電話:06-6345-5557

by nonbe-cclass | 2008-07-15 23:23 | 居酒屋めぐり(関西) | Trackback | Comments(0)  

トラックバックURL : http://cnonbe.exblog.jp/tb/10013541
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 酒呑み伝「頭にさわる瞬間事件」 ラッシュ時間の攻防戦 >>