ラッシュ時間の攻防戦

通勤あるある。

朝、駅に向かう人達。
恐らくは乗る電車が決まっていて、それに合わせて足早に歩いてるんだね。
・・・で、自分の歩くペースよりも遅い人が前を歩いていたら、抜かそうとするわね。
たまにあるんだけど、抜かそうと(もう横並びくらいになってるのに)したとたん、その人も急に足早になり、「抜かれまい」根性が炸裂する人
こうなったら、C級呑兵衛は抜くのを止める。これを更に上回って抜かそうとすると、もう2人は競歩になるからだ。

さてさて、駅に着いた・・・
次にやってくるのが改札口。
C級呑兵衛はPiTaPaなので、通れる改札機が限られる。IC専用なら問題はないんだけど、ここが意外とすっといかない。
車でいうと、高速入口でETC/一般兼用みたいなもので、ETC利用者の気持ちだろうか。
切符との兼用となると、ピンポンピンポン・・・おいおい、何のカードを入れたのよ。こらこら、改札口の前で定期入れを探すなよ!

毎日、同じ時間、同じ電車そして同じ車両に乗るとなると、お互いは赤の他人で全く接点がなくても、お互いはお互いを意識しているよね。
長年続くと、「あれ?今日はあの人いないな」なんてことも。

ラッシュ時は、乗車後の立ち位置が非常に重要。
しくじると、ぎゅうぎゅうで身動きがとれず両足が浮いて、電車の揺れに身を任せるしかなくなる

でもね、自分のポジションをキープするのはなかなか大変なわけ。
自分のポジションをキープするために強引な動きをする人がいたり、人が詰めてきても頑として微動だにしない人とか。
「車内、中ほどにお詰め下さい」というアナウンスをそっちのけで、つり革を持つ人の中には、後ろに人が来て欲しくないもんだから、意図的に座席部分から距離をとって立つ人もいるのよね。
・・・そうそう、たまに「あれはストレスなんだろうか」と思うことがあるんだけど、わざと何度も人を押したりする人もいるんだよね。
一触即発か!と思われる状況を何度も見ている。

「つり革持てた」も油断大敵で、ぎゅうぎゅうになってきた時にこれが仇となり、海老反りになってしまっては目も当てられない。
あと、足元にでかい鞄を置いてる人ね。これで、こっちの足が動かせず揺れで体が傾いたとき、そのまま倒れてしまう・・・ギャグの吉良殿状態だ

ラッシュ時間を快適に過ごせる面白いことってないもんかなあ。
あるポイントを通過するときだけ、乗客が一斉に同じポーズするとか。

by nonbe-cclass | 2008-07-14 23:52 | C級呑兵衛 | Trackback | Comments(2)  

トラックバックURL : http://cnonbe.exblog.jp/tb/10013540
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by タイ国鉄 at 2008-07-20 19:25 x
久しぶりにコメントします。
豊中市内のバイク通勤のため、通勤電車の車内風景の活写に懐かしさを覚えました。
国内の電車に乗るのは年3回ほど、海外旅行のため関空へ行く時のみ。
蛍池から便利な直通のリムジンバスがあるというのに、いつも阪急~地下鉄~南海を乗り継いで往復しています。
しかしチケットショップで買ったばら売りの回数券を使うので、あまり阪急さんには貢献できていませんが。

夜行便で平日の朝関空に帰国し、南海の空港急行でこれからお仕事に出かけられる乗客たちとラッシュに乗り合わせ、大きな荷物を網棚に載せて白い目にさらされながら、身が縮む思いで小さくなって座っていることがよくあります。

>あるポイントを通過するときだけ、乗客が一斉に同じポーズする
で考えつきましたが、十三駅に着いたとたんに全員がアホになり「じゅうさん!」と叫ぶ・・・というのはどうでしょう。

十三駅で思い出しましたが、ずっと以前に聞いた(読んだ)話ですが、宝塚行きの各停の車内放送で中津の手前で「次は十三~、十三~」、中津を発車すると車掌が恥ずかしそうに今度は「次も十三~、十三~」と放送したという伝説があります。この話、梅田行きで「次も梅田~」だったかも?
Commented by C級呑兵衛 at 2008-07-21 10:17 x
タイ国鉄さん、こんにちは!
『全員がアホになり「じゅうさん!」』いいですね。
全員恥ずかしがらずにやってもらわないと(笑)

あと車掌小話、ほのぼのしていいですねえ~

<< 梅田の居酒屋「くいしん坊」 箕面観光ホテルでボーリング >>