福島の居酒屋「ごま厨」

イニシャルT氏が「いや、ごまの店美味いんですって。」

「ごまの店?つぶつぶばっかり食べてもお腹ふくれないでしょー」
なんて話をしてたんだけど、行ってみるかとイニシャルS氏と3人で福島へ出た。

最近、福島は朝日放送の移転もあってか、いい感じの店が更に増えてきている。それも、ちょっとした細い道の奥とかにね。

今回も住宅地の路地奥、町屋改修バージョンですな。
ん~確かに胡麻料理、その名も「ごま厨」だ。

北新地・西中島南方・京橋に「ごま屋ちゅう兵衛」を展開する企業が運営している。何で福島だけ略したんだろうね。

ごま厨ごま厨最初の付き出しに山くらげ。
以前はよく食べてたんだけど、久々だなあ~コリコリした食感が好きなんだよねー
そして、もう一品はたこの酢味噌。
たこ王・・・明石タコ検定認定を受けたC級呑兵衛としては、この旬の時期にたこは外せない。

次に出てきたのがヤリイカと胡瓜のさっぱり梅肉和え(450円)。
これは皆絶賛してたんだけど、いかがとにかく柔らかい。梅肉もえぐくない酸味なので、ついつい箸が動いてしまう。

ごま厨ごま厨せせりぽん酢(550円)に鱧湯引き(880円)ですな。
夏の風物詩の鱧、氷でしめた冷たい状態をたっぷりの梅肉でいただく。

焼酎は前割があるね。芋の「神座」(580円)。
大阪なら「かむくら」と読みそうだけど、これ「かみくら」。
そうそう、ここのところ「前割」を「まえわり」という人が多いので、間違ってるのかなあと思うことがあるんだけど、「ぜんわり」と読むより「まえわり」と読む人の方が一般的なのかなあ。

ごま厨ごま厨さっき食べた湯引きの鱧の骨じゃあないと思うけど、はも骨せんべい(300円)。
ん!香ばしくて美味いなあ。

そして、これまた大絶賛の山芋のねぎ焼鉄板(500円)。
山芋をすった中にたっぷりのきざみネギ、これと玉子を絡ませ焼いた逸品。
綿菓子を食べるが如く、ふわっとした食感がサイコー。これ、家でできないかなあ。酒の肴にいいですなあ。

ごま厨ごま厨焼酎は大麦の「赤鹿毛」(580円)に。
「あかかげ」と読むんだけど、忍者赤影を思い出しちゃったよ。

あっさり上海風やきそば(830円)に、
おっと、この店の名物というごま焼き(880円)食べとかないと。

上海風やきそばは醤油ベースで飽きがこないので、シメ近くにオススメな一品ですな。

ごま焼きはちょっと変ってるなあ。
最初、テーブルにやってきたときはその器からして、「あれ?2合の酒頼んだっけ?」と勘違いしてしまう。徳利みたいだから。
上から何か入れたと思うんだけど、仕上げに蒸した感じにして蓋を取ると、冒頭の写真がお目見え。
自家製の胡麻豆腐をしめじなどと一緒に炒めたものですな。
胡麻豆腐をこんな感じで食べるのか・・・へーこんなにやわらかいのね。

ごま厨イニシャルT氏がおすすめの、ガーリック黒ゴマピザ(880円)。
表面からは分からないんだけど、クラフトに黒ゴマがたっぷりと混ぜ込んであるわけ。
一切れとって裏面を見ると、黒ゴマびっちりでございます。
薄い生地で香ばしく食べられるので、以外とペロッと平らげちゃったな。

ごま料理だけじゃないんだけど、いやあ~かなり胡麻食べちゃったんじゃないかなあ。

ごま厨■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:鍋・胡麻料理 ごま厨
場所:大阪市福島区福島3-11-26
電話:06-6343-0088
営業:17:00~23:30

by nonbe-cclass | 2008-06-26 23:46 | 居酒屋めぐり(関西) | Trackback | Comments(0)  

トラックバックURL : http://cnonbe.exblog.jp/tb/10013307
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 十三の居酒屋「きかわ」 羽田空港の寿司「沼津 魚がし鮨... >>