福島の焼鳥「播鳥」

会社で歓迎会があった後、イニシャルS氏と共に福島で呑み直すことになった。
イニシャルS氏が歓迎会で殆ど食べていないということもあり、呑み直しというより食べ直しになった。
何でも、前に行って美味しかった焼鳥の店があるとか。

播鳥播鳥着いた先は、「播鳥」だ。
はいはい、北新地店には行ったことがあるね。
福島店はまだ新しいみたいだね。

まずは、ズリ造り(630円)に霧島らっきょ(399円)。
ズリは山葵をつけて醤油で食べる。歯ごたえがいいねえ。

播鳥播鳥播鳥







播鳥播鳥霧島らっきょは大粒で歯切れがいい。
せせりポン酢(210円)に、ねぎま(158円)とせせり(158円)。
特に串ものなんだけど、身がしっかりした歯ごたえで、肉の旨みがじゅわーっと広がる。

串の合間に肝造り(630円)。あっさりしているから、ついつい食べてしまう。
焼き物は炭火で調理されているんだけど、串以上に炭火焼が味わえるのが
皮炭火焼(420円)だ。

播鳥播鳥真っ黒け~な皮が皿に盛られてやってくる。
見てくれはお世辞にも良いとは言えないけど、口に入れた時、炭の香りが広がって美味。

とても2軒目とは思えないボリュームを平らげて、
「お・・・結構食べたな。」
勘定の時に初めて実感する2人だった。


播鳥■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:播鳥 福島店
場所:大阪市福島区福島2-8-10
電話:06-6454-1919
営業:17:30~25:00 祝休

by nonbe-cclass | 2008-06-24 23:14 | 食べ歩き(焼鳥) | Trackback | Comments(0)  

トラックバックURL : http://cnonbe.exblog.jp/tb/10013305
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 羽田空港の寿司「沼津 魚がし鮨... 梅田のビアホール「ニューミュンヘン」 >>