福島の居酒屋「晴屋」

「・・・それが、大事そうに箱だけ見せて飲ませてくれなかったんですよ。」

イニシャルN氏は東京のある店でのエピソードを、C級呑兵衛に語る。
それは焼酎「霧島」の話だった。
福島駅近くにある居酒屋「晴屋」のカウンターで、話は続く。

「「黒霧島」があって「赤霧島」があるじゃないですか。その上に「金霧島」があるんですよ。結局、それ飲ませてもらえなくて・・・」
「へー。ここもかなり焼酎おいてるので、聞いてみたら?」

晴屋 福島店晴屋 福島店・・・と、それとなしにマスターに聞くと、
「あるにはあるんですけどね・・・ただ・・・」
と、ほとんど空になりかけの瓶を出してきた。
「もう、こんなけなんでサービスしますわ。」と、その残りの酒を出してくれた。

「霧島」ゴールドラベルだ。

もともと、「芋なんだけどそう感じさせない飲みやすい芋焼酎を」というニーズを受けて、「黒霧島」とは全く異なる味わいに仕上げたもの。
「赤霧島」がまろやかなら、ゴールドラベルは更にまろやかでフルーティ。
高い酒ではないんだけど、もともと都城限定モデルだったこともあり、数も出回らない商品だ。
「一方では、箱を見るだけ。一方ではサービスで呑める・・・なんて極端な。」

晴屋 福島店晴屋 福島店C級呑兵衛は、前割りがいくつかあったので、
鹿児島の黒糖焼酎「わーのもん」あたりからエンジンがかかり出す。
だって、これ凄くまろやかで風味がいいんだもの。

あと、「宝山 綾紫」

それに、霧島は霧島でも、さつま霧島酒造の「奥霧島」。明るい農村などで有名なところだね。

晴屋 福島店晴屋 福島店「飲まれたことあります?」と尋ねられ、出されたのは「兼八」
イニシャルN氏は、口にしたことがなかったようで、「なんじゃこりゃ?何でこんなに香ばしいの」と驚いていた。

「兼八」ついでに出てきたのが「兼八 原酒」
・・・いや、マスター、「ちょっと飲んでみてください」と、そんな次から次へとサービスで出してくれなくても・・・

晴屋 福島店■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:晴屋 福島店
場所:大阪市福島区福島5-10-17
電話:06-6450-1005
営業:17:00~24:00(L.O.23:00)、金は26:00まで(L.O.25:00) 無休

by nonbe-cclass | 2008-04-26 23:45 | ・居酒屋めぐり(関西) | Trackback | Comments(2)  

トラックバックURL : http://cnonbe.exblog.jp/tb/10013258
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by オーノ at 2008-05-02 13:17 x
ご無沙汰しております。

「金キリ」「兼八の原酒」があるなんて・・。
すんごいっす!!!!

「金キリ」はさすがにもう呑むことはできないですねぇ。。

「白波」系の「花白波」呑んだ事ありますか?
これもなかなか無いですが、美味しいですよ。もしかしたら、そちらの店にあるかもしれません。
Commented by C級呑兵衛 at 2008-05-02 23:20 x
オーノさん、こんにちは!

遠方からコメントありがとうございます(笑)
「花白波」ですか、呑んだことないですね。それは今度、是非頼んでみたいと思います。

<< 難波の居酒屋「山三」(2) 福島の焼鳥「一本松」 >>