十三の居酒屋「くれは」

以前から一度は訪れなければいけない、そう思っていた店の暖簾をようやく、くぐることができた。
十三にある立ち呑み「くれは」だ。
中島酒店が酒類販売に加え、立ち飲みを営業している。

くれはん~確かに常連客が殆どと言わんばかりのまったり感。
でも、とても落ち着くこの空気は何だ?

これでもか、というほどに豊富なメニュー。
しかも、興味のある一品がちらほら目に入ってきますなあ~
・・・何よりも破格値。びっくりやな。

くれはくれは瓶ビールに、朽木村の鯖なれずし(280円)と冷やっこ(130円)を。
なれずし、写真で見ると茄子の漬物みたいに見えるね。
それにしても、ここで、食べれると思わないわね、普通。
ん~、この酸味と独特の風味がええですな。美味い、これ日本酒にかえんと・・・

冷やっこもドーンとボリュームたっぷりだ。

日本酒なんだけど、にごり酒が3種ほどあり、「立山」のにごりがあるということで、それにしてみた。100mlで200円、グラス1杯(200ml)で330円。
これにいか細造りとたこの2品盛りを(300円)。
造りは1品170円、2品盛りになると300円になるという涙モノの大サービスだ。

コップがまた渋い。
酒の銘柄が入るグラスはよく見かけるが、これは「大阪府小売酒販組合連合」ときた。

隣の男性も近所からきている常連のようなんだけど、
注文1回ずつにお金を支払って、酒を美味そうに呑み、肴には一つ一つ頷きながら味わっていた。
それ横で見ててね、本当にこの人は酒を楽しんで呑んでるな、と思ったのね。少し話もしたんだけど、本当に今の時間を楽しんでいるようだった。

C級呑兵衛の呑み方は、まだまだ修行が足りない、そんな気がしたね。

くれは■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:くれは(中島酒店)
場所:大阪市淀川区十三東3-28-4
電話:06-6304-6096
営業:土日祝休

by nonbe-cclass | 2008-04-24 23:05 | ・阪急十三 居酒屋 | Trackback(1) | Comments(2)  

トラックバックURL : http://cnonbe.exblog.jp/tb/10013256
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from 辛口環境担当「エ辛ジスト.. at 2008-05-01 13:35
タイトル : 今岡使って完封ボロ負け@くれは
 環境担当の性悪男が仕事上優等生的・偽善者的・公共広告機構的発言を続けなければならない環境に耐えかねて、環境保護その他の問題について本音で毒舌を吐くことにより個人的にストレスの解消を図るとともに、自己の持続可能性(サスティナビリティ)に欠ける不健康な生活(飲み歩き・激辛チャレンジ等)をレポートするブログです。 ... more
Commented by C級呑兵衛 at 2008-05-02 23:15 x
エ辛ジストさん、こんにちは!

「イマナカ酒店」、その存在は知ってますよ。
前を通りかかった時に「ただものじゃない」空気は感じております。
まだ、丸イの暖簾をくぐっていないので、近いうちに是非行ってみたいと思います!
Commented by エ辛ジスト at 2008-05-01 13:33 x
子会社(?)の「阪神ナウ」から失礼します。
「くれは」いいですね。十三東口の酒屋系立ち飲みではもうひとつ「イマナカ」ってのがあってこっちも激安でオススメ

<< 福島の焼鳥「一本松」 梅田の居酒屋「入船」 >>