「問わず語らず名も無き焼酎」

小倉駅に、土産店なんだけど酒を扱うコーナーが大きいところがあったわけ。
コーナー入口には大きな黄金千貫がデーンと鎮座している。焼酎では御馴染みの唐芋だけど、実際に見たのは初めて・・・黄金千貫ってホント白いのね。

焼酎ラインナップが充実していて、店員も色々と説明してくれる。
その中で、ふと目に止まった焼酎があったのね。「ふと」というのは、ラベルにインパクトがあったから。

芋焼酎「問わず語らず名も無き焼酎」だ。

鹿児島の大山甚七商店のお酒なんだけど、その「製造方法は全て蔵の秘密」ときたもんだ。
C級呑兵衛みたいに、なんちゃって酒好きには敷居が高いんだけど、「飲んで良さをわかって欲しい」意味がこめられているそうな。

家で酒のアテを買うたびに、こいつで一杯やってたんだけど、すぐになくなっちゃった。
飲み口がすごくすっきりしてるんだけど、ホワホワ~っと芋の香りが広がる。主張しすぎないから、アテのじゃまもしないしね。美味しいや。

「問わず語らず名も無き焼酎」か・・・
人も一緒、肩書きやブランドがなくても「いい」と思われる人間にならんといかんですな。

by nonbe-cclass | 2008-03-20 21:37 | C級呑兵衛 | Trackback | Comments(0)  

トラックバックURL : http://cnonbe.exblog.jp/tb/10013226
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 大淀のインド料理「ハリー」 梅田の居酒屋「神門」 >>