梅田の居酒屋「はまじま」

淀屋橋で仕事を終えた帰り、軽く近くで呑むことにした。
店のあてがあったわけではなく、近くで偶然見かけた店に入ってみることにした。

店構えからして期待できそうな「はまじま」だ。
店に入ると、干した蛸や魚を吊るした炉端、落ち着いた空間は完全に大人向け。
おこちゃまC級呑兵衛、申し訳なさ気に奥へと足を進める。

はまじまはまじまメニューの一つ一つに興味が湧きますなあ。
んーまずは珍しい、うつぼの造りからいくか。
薄く切られたうつぼ、白身なんだけど皮の部分は、やっぱりあの豹柄みたいなウツボカラーですな。
皮の部分がゼラチン質で、ふぐ皮みたいな食感だ。これは美味いね。

もう一つ、これは絶対おすすめマヒマヒ君(500円)。
ハワイではマヒマヒといい、日本ではシイラのこと。
このマヒマヒ君を店オリジナルでスモークしている。このまま食べてもよし、軽く炙って食べてもよしの逸品。少し炙ると燻した香りが一層広がる。

はまじまはまじま火場焼(1人前:2000円)は、あっぱっぱ・大あさり・はまぐり・さざえ・野菜(椎茸・ピーマン・さつま芋)・あじが楽しめるセットメニューだ。
食材には手を加えず、少し味を整える程度で炭火で焼く。
最良の状態で食べられるように、店の人が丁寧に焼いてくれる。

あっぱっぱとは、あっぱ貝(ひおうぎ貝)のことね。

はまじまはまじまビールから酒に変えよう。

「ん?貝酒?」
これね、ふぐひれ酒みたいに、鳥貝の干物を焼いたものが酒に入ったもの。ふぐひれほど香ばしいものではないけど、貝の旨みがじわっと出ている味わいある酒だ。
サザエの形をした徳利にあっぱ貝の猪口・・愛嬌あるね。

はまじま何を食べても滋味豊かで酒がついつい進んでしまう。

日本酒「伊勢」(600円)を呑んでみるか。
器に酒を入れて出してくれるんだけど、ラベルも合わせて出してくれるんだね。うん、呑みやすくていいなあ~

あっぱ貝とか日本酒「伊勢」など、三重県に因んだものが目につくんだけど、
「はまじま」という名そのものが英虞湾入口にある浜島町のことなんだよね。
三重県産の魚貝、いや、伊勢うどんなども楽しめる店、美味いから是非。

■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:火場焼 はまじま
場所:大阪市北区堂島浜1-1-8
電話:06-6343-0001
営業:17:00~23:00(土16:00~22:00)日祝休

by nonbe-cclass | 2008-03-16 16:33 | 居酒屋めぐり(関西) | Trackback | Comments(4)  

トラックバックURL : http://cnonbe.exblog.jp/tb/10013222
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by マッキー at 2008-03-18 17:55 x
ご無沙汰です。いつも駅長のレポ楽しみにしております。さて 梅田界隈でおいしい リーゾナブルな
イタリアンのお店知らないでしょうか?焼肉、居酒屋
が多いので あまりイタリアン、フレンチは行かれないですよね
Commented by C級呑兵衛 at 2008-03-20 09:37 x
マッキーさん、こんにちは!
イタリアンときましたか・・・確かに焼肉と比にならないくらい行ってないですね(笑)

カジュアルな感じでは、南方駅前の「バルマルエスパーニャ」・・・ん~確かに他に思いつかない・・・
Commented by マッキー at 2008-03-21 00:27 x
ありがとうございます。私はイタリア人か言うぐらい
イタリアンが好きです。シャンパンが好きで
最近はよく飲みます。
Commented by C級呑兵衛 at 2008-03-23 00:07 x
マッキーさん、どうもです!
「イタリア人」とは、また大きく出ましたね(笑)

C級呑兵衛は、ワインでは赤、しかも重~いのが好きですね。

<< 荒木村重 十三の居酒屋「竹美屋」 >>