谷町の居酒屋「蔵朱」

イニシャルT氏、イニシャルO氏の3人で美味いモンでも食べに行こうと向かった先は、谷町にある「蔵朱」(CRUSH)だ。
マイドームおおさかの目の前にある。

蔵朱CRUSH蔵朱CRUSH奥の座敷に向かうまでに、早くもカウンターに置かれている野菜たちや酒が気になる。

もうねえ、メニュー見るだけでワクワクしますなあ。色々食べてみることにしよう。

菜の花昆布じめ(500円)、お造りは淡路のほうぼう(1000円)から。
ほうぼうがこれまた、もちもちっとした食感なんだけど平目のような甘味が広がる逸品。
菜の花美味しいなあ。何でしょうなあ、おひたしのようなのに菜の花の食感がとても心地いいですなあ。

蔵朱CRUSH蔵朱CRUSH日本酒は「鷹勇」の吟醸から始める。
猪口はいくつかある中から好きなものを選ぶ。
とにかく、出てくる器が格好いいよね・・・信楽ですか。食材だけのこだわりじゃなくて、それに合った器・・・
「酒美味く呑ませていただきます」そう思いながら、一口一口有難くいただく。

加賀れんこんは天ぷらで(800円)。この歯ごたえは絶品ですなあ。

蔵朱CRUSH蔵朱CRUSH泉州つの貝とジャンボマッシュルーム和風オムレツ(800円)にごろいか(600円)。あまり他では見たことがないんだけど、つの貝っていうのがあるのね。ホント、大きなマッシュルームがコロンコロン入ったボリュームのある一品。

ごろいかは、内臓もそのままに丸干ししたイカのことで、「お魚くわえたどら猫」でも堪能した酒の肴だ。

「るみ子の酒」純米酒に、「誉 凱陣」純米吟醸
とにかく酒が欲しくなるんだよなあ。

蔵朱CRUSH蔵朱CRUSH普段はあまりがっつりとは食べないんだけど、今日は何かと食べてみたい気分だ。
かきと曲がりねぎのゴルゴンゾーラソース(1300円)、春野菜とあさりの酒蒸し(冒頭写真)に白金豚の塩焼。

うわ、この牡蠣、ゴルゴンゾーラソース抜きにしてもクリーミーやなあ。また、このソースがやさしい味だこと。

酒蒸し・・・写真で分かってもらえるかなんだけど、凄く野菜の色合いが鮮やか。もちろん色目だけでなく、「こんなにも野菜が美味いのか」と唸ってしまう。貝王のC級呑兵衛ではあるけど、今日ばかりは野菜にはまっちゃってるよ。

蔵朱CRUSH蔵朱CRUSH「生酛のどぶ」をちびっとやりながら、からすみ(1000円)を頬張る。
結構飲み食いしているのに、まだこんな酒呑みなことになっている。
酒を呑めば肴を頼み、肴を味わえば酒が欲しくなる。

太ごぼうの唐揚げ(500円)は絶品。単に太いだけでなくて、この繊維質の歯ごたえと香ばしさはハマルね。

しめはふなずし(1000円)といきますか。
滋賀県の特産品として有名だよね。
「すし」とは言っても握りじゃなくて発酵食品。塩漬けしたフナと塩をまぶした米飯を長期間発酵させたもの。
口に入れた瞬間に、糠のような臭みとツーンとした酸味がするので、苦手な人も多いよう。

イニシャルT氏はもともと滋賀出身ながら、今日はじめて食べたという。
イニシャルO氏も含め、二人とも「全然イケる」と食べてたから、生粋の酒飲みなんだろうね。

ま、生粋の酒飲みかどうかは、それまでの状況で十分に分かるけどね。

蔵朱CRUSH■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:蔵朱 CRUSH
場所:大阪市中央区南新町2-3-1 スタークィーンビル2階
電話:06-6944-5377
営業:11:30~14:00、17:30~23:30 日祝休

by nonbe-cclass | 2008-03-13 23:15 | ・居酒屋めぐり(関西) | Trackback(1) | Comments(2)  

トラックバックURL : http://cnonbe.exblog.jp/tb/10013219
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from お気楽、味のほどしらず。 at 2009-06-13 15:36
タイトル : 「月下独酌」。酒を酌む
花間一壷酒  独酌無相親    挙杯邀明月  対影成三人    月既不解飲  影徒随我身  作は、酒飲みの言い訳名人、ご存じ「李白」。「月下独酌(げっかどくしゃく)」冒頭の六句である。&nb...... more
Commented by Balleta(Ajinci) at 2009-06-15 09:20 x
パートナーのAjinciと「お気楽、味のほどしらず」を行っているBalletaと申します(私は、専ら、撮影&編集担当で、Ajinciが記事立案、コメントのお応えをしています)。

「竹鶴(諸々)」がきっかけで、「鷹勇 山卸廃止酛仕込み 山廃純米(H17BY)」につながり、そのキレのよさ&すっきり+気品+深い旨みが、気に入っています。(こちらで紹介されてらっしゃる、お酒の数々も興味津々です)。最新記事でも、日本酒&某酒房についてUPしています。Ajinci共々、どうぞ今後ともよろしくお願いいたします。
Commented by nonbe-cclass at 2009-06-29 22:20
こんにちは!
コメント大変遅くなり申し訳ありません。パソコン壊れちゃいました。
私のブログは別のところから移設してまだ画像が・・・見苦しくてすみません。
お酒大好きなので、こちらこそ今後ともよろしくお願いします!

<< さようなら「なは・あかつき」「銀河」 梅田の居酒屋「お魚くわえたどら猫」 >>