梅田の居酒屋「お魚くわえたどら猫」

城東区の方で仕事を終えた後、D社からの誘いがあり梅田で食事をすることになった。
イニシャルM氏が皆を案内したのが、阪急東中通商店街にある

「お魚くわえたどら猫」だ。炭火焼の店だ。
全国から取り寄せたこだわりの食材を網焼きだ。

お魚くわえたどら猫お魚くわえたどら猫焼き物を頼んでいる間に、明石たこの造り(680円)をもらう。
しっかりした食感なんだけど、旨みたっぷりだね。噛むほどに蛸の潮の香りと甘味が広がる。

七輪がテーブルの上にセッティングされた後に、丸いざるに盛られた食材がやってきた。
活ホタテ醤油焼(500円)、はまぐり(580円)、沼津産真ホッケ(540円)、小さい玉ねぎ(420円)に焼きしいたけ(380円)だ。

お魚くわえたどら猫お魚くわえたどら猫小さい玉ねぎは、皮ごとそのまま焼いて焼けたところを上下はさみで切り落とし、らっきょうの様に剥いて食べる。
中は蒸した状態になっているからホクホクだ。

長芋のぽたぽた焼き(380円)は、砂糖醤油かな、甘めのタレをはけで塗って焼くのね。

淡い銀色の魚が北海道産本物のししゃも(800円)。
「本物」という表現を使っているのは、普段ししゃもだと思って食べているものがししゃもじゃないからだね。
ししゃもは北海道でも一部地域でしかとれない高級品。そこらへんの居酒屋で200~300円で出てくるわけがない。
普段、我々がたべているのはカペリンという別の魚で輸入モンだ。

お魚くわえたどら猫お魚くわえたどら猫沼津産イカの丸干し(480円)は日本酒や焼酎によくあう逸品。
あと同じ沼津産の黒はんぺん(300円)がメチャ美味かった。
魚の味がしっかり出ていて、少し炙ると香ばしい味わいになる。

朴葉焼き(カキ)は880円。
大粒のカキがジューシーだわ。やっぱり味噌との相性はよろしいですなあ。

お魚くわえたどら猫お魚くわえたどら猫ゆり根のバター焼き(580円)かあ。あまり見たことがないメニューだね。おー、でもホクホク。

焼酎は、麦の「隠し蔵の三悪人」(480円)に山芋焼酎の「夜叉が池」(450円)をはじめとして、かなり呑んだと思うんだけど、後半あまり覚えてない・・・

帰り際、
うまい棒をサービスでもらったんだけど、その時の写真を撮ってるなあ。
自分で撮ったの覚えてないぞ。

お魚くわえたどら猫■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:七輪焼 お魚くわえたどら猫
場所:大阪市北区堂山町15-12
電話:06-6367-5177
営業:17:00~24:00(金土は~翌5:00)

by nonbe-cclass | 2008-03-12 23:06 | 居酒屋めぐり(関西) | Trackback | Comments(0)  

トラックバックURL : http://cnonbe.exblog.jp/tb/10013218
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 谷町の居酒屋「蔵朱」 福島の焼鳥「野乃鳥 錦亭」 >>