石橋の焼鳥「とり一」

焼鳥激戦区の池田市、まだまだ店が増えますなあ~
石橋商店街にも、手羽先からあげの「北新地 鳥屋」に続いて、また新しくオープンしている。

「炭火焼 とり一」だ。
「北新地 鳥屋」は立ち呑みと店頭販売だけなんだけど、「とり一」は炭火焼の店だ。

とり一とり一焼鳥という表現でなく炭火焼としているのは、串ではなく焼肉と同じ、テーブルの炭火で焼くスタイルだからなんだよね。

まずは造り盛り(550円)にするか。これは、もも・むね・きもの3種盛りだ。まったくクセもないし、あっさりといただける。ん~美味。

串は3種類しかなく、内2つを頼んでみる。つくね串(200円)とミニトマト串(200円)だ。因みにあと一つはナンコツね。
で、これも焼いて出てくるんじゃなくて、テーブル席で自分で焼くのね。
いい感じで焦げ目が出来てくると、肉汁がプチプチと出てきて、炭に落ちる。見てるだけで涎がでてくる。

とり一この店で出される鶏は、大山地鶏と但馬のひな鳥で、メニューによって使い分けられてるぞ。
焼き物は・・・まずは、はかまみ(350円)に皮(200円)、三角(300円)といこう。はかまみは横隔膜あたり。

とにかく新鮮だから、いずれも生で食べることが出来るところが凄い。

まあ、皮は炙らないと生のままでは噛み切れないけどね。
三角はいい感じで脂がジュ-ジュー、柔らかいですなあ。
あと、オススメははかまみ。この歯ごたえ、「肉食ってる」って感じで噛締めると旨み十分。

地鶏もも(400円)も手羽先(250円)も生でいけるそうな。
地鶏ももは、先に皮部分を炙り、その後、身の部分を少し炙る程度がいいそうだ。
食べ方は自由だけど、素材の味を楽しむなら塩がオススメだ。

外からは分かりにくいけど、1Fはカウンターだけなんだけど、2Fにテーブル席があるぞ。

とり一■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:炭火焼 とり一
場所:池田市石橋1-3-1
電話:072-760-3833
営業:17:00~23:00 不定休

by nonbe-cclass | 2008-02-23 23:49 | ・阪急石橋 焼鳥 | Trackback | Comments(2)  

トラックバックURL : http://cnonbe.exblog.jp/tb/10013203
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by C級呑兵衛 at 2008-02-26 23:40 x
マッキーさん、こんにちは!
石橋というピンポイントエリアながら、紹介したい店は次々と出てきますね~
C級呑兵衛も「お、新しくできてるな」という店を見つけていて、順次探索にでかけたいと思っています。もちろん、マッキーさんご紹介の店も!
Commented by マッキー at 2008-02-26 16:12 x
ご無沙汰しております。
鳥一いっていただきましたかー
このお店もわが社にてお世話しました。
石橋の店舗は結構お世話しております。
うちは THE TEMPO というぐらい
店舗のお客さんが多いです。
3月末から4月にかけて 駅長好みの
お店2店舗 OPENさせます。
1つは凛というお店のあとで創作料理
それと 駅前の 龍太郎 沖縄料理の横に
とてもおしゃれな 神戸スタイルの立ち飲み屋
がOPENいたします。またよろしくお願い
いたします。

<< 新世界の串かつ「越源」 うさぎで赤文字の「石鎚」 >>