うさぎで赤文字の「石鎚」

この間、十三の「うさぎ」に行った時のこと。

うさぎうさぎイニシャルH氏、イニシャルO氏と共にやってきたが、今回はさすがに稀酒「銀河鉄道」はなかった。
でもねえ、美味しいものが色々と楽しめたぞ。

造りの盛合せが出てくると、そこには鮑がドーン。
この歯ごたえがいいねえ。やっぱり、ビールじゃなくて日本酒があうわ。
馬刺しも頼んじゃった。口に入れると柔らかくてとろけっちゃうんだから。

うさぎ牡蠣は酒蒸しのようにしていただく。これがまた身がプリプリなのよね。

いくつかの日本酒を飲んだんだけど、パッケージにインパクトのある酒が・・・
「石鎚」だ。
石鎚と言えばJRの特急にもある名称で、四国を想起させる。愛媛県西条にある山だね。
備前雄町を100%使用した限定純米酒、槽搾り。
きりっとした辛口、こういうの好き。

あ、パッケージね、冒頭の写真でも出しているんだけど、赤文字なんだもの。
日本酒って、あまりビビッドな色合いのラベルをみたことがないんだけど、これは白地に赤文字だから、遠めにも目立つって。

ま、だから思いっきり酔ってても注文できるな、この酒なら・・・

by nonbe-cclass | 2008-02-22 23:05 | 居酒屋めぐり(関西) | Trackback | Comments(0)  

トラックバックURL : http://cnonbe.exblog.jp/tb/10013202
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 石橋の焼鳥「とり一」 福島の居酒屋「桟」 >>