福島の居酒屋「桟」

この店にくるのは2回目だ。
前回来た時に、「ええ感じの店ですなあ」と思ってたんだよね。

「桟(かけはし)」だ。
タクシーなんかで乗りつけると「おや?今から会合ですか?」なんて思わせる店構えが格好いい。

カウンターもあるんだけど、堀ごたつタイプのテーブル席はとなりの席と仕切りをしてくれるので、個室みたいになる。

桟桟メニューを眺めるだけで涎が出てきそうなラインナップ。
店構えからしても、日本料理のイメージが強いんだけど、もちろんそれはあって、それ以外に創作料理も楽しめる。

5種盛り(1890円)に空豆の塩茹で。
脂ののったおまかせの刺身に舌鼓。
空豆が、これがまた絶妙な塩加減なんだけど、豆のホクホク感がたまりませんなあ。

桟桟冒頭写真は引っ下げ(ヨコワのかま塩焼き)で、ほろほろっと柔らかい身が実にジューシーで美味い。

酒は国分酒造の「黒石岳」(520円)。
国分酒造といえば「芋麹 芋」、これ好きなんだよね~。「黒石岳」も奥行きのある風味が心地いい。

季節の野菜天(1300円)、もう春野菜ですな。こごみに蕗の薹・・・このちょっとした苦味がいいんだよね。

桟桟地鶏の唐揚げ黒酢南蛮ソース(1470円)にタラ白子一味醤油焼き(1680円)。
この2品は食事を共にしたメンバーも「これ美味いね~」。
タラ白子一味醤油焼きは、醤油の香ばしさと反対に白子のトロッとした舌触りが絶妙。

酒は焼酎だけでなく、日本酒もいい感じ。
「麓井」(850円)なんだけど、純米吟醸、米は備前雄町。柔らかい風味と味わいがいい。また肴が欲しくなる。

いかん、呑みすぎたかなあ。

■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:創作料理 桟
場所:大阪市北区大淀南2-7-4
電話:06-6458-4488
営業:11:00~14:00(月~金のみ)、17:00~23:00 無休

by nonbe-cclass | 2008-02-21 23:35 | ・居酒屋めぐり(関西) | Trackback | Comments(0)  

トラックバックURL : http://cnonbe.exblog.jp/tb/10013201
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< うさぎで赤文字の「石鎚」 石橋の居酒屋「ポポノタン」 >>