新宿の居酒屋「四倉忠」

仕事の関係で新宿に泊まることになった。
まあ毎度毎度、当日とか直前にホテルを予約しようとするもんだから、選り好みも出来ないわけ。
今回も歌舞伎町ど真ん中だ。
おかげで、よく良妻から「何か名前だけ聞くと、それ普通のホテルなん?」「場所的にホンマにそこしかなかったん?」と疑われどころ満載だ。

正直なところ、歌舞伎町はC級呑兵衛には合わない。
多くの店があって賑やかなんだけど、求める賑やかさとは違う。

とは言いながらも一杯くらいひっかけないと面白くないし、ホテルにこもるというのも性に合わない。

ホテルに近いところで少し酒を呑むことにした。
新宿コマの裏手、歌舞伎町ビルにある「四倉忠(よつくらただし)」だ。

e0173645_11025330.jpg

ビル1Fの入口のところで「四倉忠」はイーゼルで案内をしているんだけど、ビルそのものの看板には掲げられてないんだよね・・・新しい店なのかなあ。そういうところは勝負に出て行ってみようと思うわけ。

中に入ると、こじんまりとした空間ながらカウンターに座敷にテーブル席。色んなシチュエーションで利用できそうだ。

まずは、ビールのアテにとオクラのわさび漬け(380円)とチャンジャ(380円)を。
わさび漬け、風味は確かに山葵ながら、辛いというよりは爽やかな味わいの一品。
オクラの歯ごたえがしっかりしていて美味い。

e0173645_11025480.jpg
e0173645_11025732.jpg

わさび漬けであっさりいってるのに、一方でチャンジャって頼み方間違ったかな・・・いやいや、ビールが進むからいいや。

すぐにビールは空けちゃって、次は・・・壁に貼られたメニューがきになったので、これにしよ。

「黒龍」(980円)。
黒龍酒造の酒なんだけど、これは限定酒で「垂れ口」という吟醸酒だ。柔らかい風味と後味がいい。

e0173645_11030249.jpg

銀むつの煮付け(780円)に男ししゃも北海道産(580円)。
さっきのオクラもそうなんだけど、素材の味を活かしたメニューが楽しめる。

e0173645_11025873.jpg
e0173645_11030079.jpg

■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:四倉忠
場所:東京都新宿区歌舞伎町1-12-6 歌舞伎町ビル4F
電話:03-5155-2577
営業:18:00~翌10:00(日祝18:00~翌4:00)

by nonbe-cclass | 2008-02-19 23:24 | ・居酒屋めぐり(東京) | Trackback | Comments(0)  

トラックバックURL : http://cnonbe.exblog.jp/tb/10013199
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 羽田空港の寿司「沼津 魚がし鮨」 「いぶりがっこ」に「能勢の鹿刺」 >>