三国の焼肉「紋次郎」

焼肉の中でも稀少部位が好きだ、という人にオススメの店。
三国の「肉匠 紋次郎」だ。

黒毛和牛の1頭買いだから、メニューの充実に加えてリーズナブル。
すんごい豊富なメニューで、しかも「本日のメニュー」ときたか・・・間違いなく悩んでしまう。

よ~し、まずは上塩タン(1180円)と上ハラミ(980円)から。
大きくて綺麗なタンがやってきた。厚みもあるね~
さっと炙る程度で口に入れると、そりゃもう柔らかくて。ほんと、こんなに食感がやさしいタンは食べたことないなあ。

上ハラミ、肉食べてるって感じですな。食べ応え十分。
e0173645_1427414.jpg
e0173645_14271095.jpg

さて、造り系ではいつもユッケや生レバーを頼むんだけど、
今回は生レバー(680円)と、極上イチボタタキ(980円)を注文してみる。
生レバーは厚めに切られているのに臭みがなくて美味。
極上イチボタタキは肉に、紫蘇や胡瓜などの野菜の千切りを巻いて、胡麻タレで食べる逸品。
ん~肉が甘いし、とろけるようですな。
e0173645_14274890.jpg
e0173645_14275422.jpg

さて、ここからは新境地。
紋次郎5種味比べ(冒頭写真:1600円)というのを頼んでみる。
これは、タワラ・うわミスジ、内芯、極上内ヒラ、トンビ・・・ん~普段、口にしないものばっかり。
考えてみると、いつもロース系やバラ系ばかりを食べてるよなあ。
今回は、ウデ系やモモ系だもんね。赤身だから固いのかと思いきや、これは肉の旨みたっぷりでワイルドな感じでいいですなあ~
中でもヒラは柔らかくて美味かったなあ。
e0173645_14283932.jpg

さて、驚くのはセットメニュー。
4人前の得盛(400g)が1990円ときた。
4人前でその値段というのもびっくりなんだけど、内容もその時によって変るのね。
カルビ以外に、ネックやチマキなども入ってきた。
ネックもチマキ(ふくらはぎ)も、普通は硬い肉なのでミンチにするケースが多いようだけど、ここではがっつりと味わえる。A5クラス和牛だからなしえる技なのかも。
e0173645_14292162.jpg

今回、色んな部位を食べて、凄く肉の味を楽しんだ感じ。なるほど、こういうのもあるんだなって。
冷麺(980円)でシメたけど、ここまでに既にお腹一杯・・・でも、いつもより安かったのが驚いちゃった。
e0173645_1433978.jpg


■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:肉匠 紋次郎 東三国店
場所:大阪市淀川区東三国4-14-2 リードハイツ1F
電話:06-6394-2941
営業:17:00~24:00(日祝16:00~23:00)
e0173645_14323741.jpg

by nonbe-cclass | 2008-02-16 23:50 | ・食べ歩き(焼肉) | Trackback(1) | Comments(0)  

トラックバックURL : http://cnonbe.exblog.jp/tb/10013196
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from ランキン大阪(http:.. at 2008-04-12 00:21
タイトル : ランキン大阪 | 大阪市淀川区のおすすめ焼肉・ステーキ店..
ランキン大阪(http://www.rankin10.com)/大阪市淀川区のおすすめ焼肉・ステーキ店ランキング/その他のページへのリンク ... more

<< 小倉のラーメン「魁龍」 梅田の居酒屋「伊路里」 >>