阿波座の居酒屋「仁」

「焼鳥でも行くか。」

イニシャルS氏の誘い方はいつもこうだ。福島区で焼鳥を食べることが多いから、「呑む=焼鳥」みたいなことになってるのね。

ただ、今から少し呑んでも明らかに電車で帰れないような時間だと閉まっている店も多く、
今回は店を決めることなく阿波座駅周辺で見つけることにした。

少し階段を降りたところが入口なんだけど、看板が妙に派手な居酒屋が目を惹いた。
「仁(JIN)」だ。

JINJIN色々とあるのが居酒屋なんだけど、ここもやっぱり鳥シェア率が高いかしら。
鳥造りもあるね~お得2種盛は、生ギモと砂ずり造のセット(790円)だ。
イニシャルS氏はアホみたいにズリ刺しが好きで、店によっては5,6人前頼むときもある。
でも、ズリ刺し美味いよね。生の食感にシャキシャキとした歯ごたえ、幾らでも食べられそう。
あと、ここの生ギモも全く臭みがなくて、あっさり。

焼鳥串もいくつかあるんだけど、「焼鳥」というオーソドックスは普通、ねぎまあたりにだと思うんだけど、ここはせせり(130円)だ。
C級呑兵衛も焼鳥はよく食べるけど、せせりとぼんじりは好きですなあ。
せせりは首、ネックのことで、その弾力と噛めば噛むほど肉汁の旨みが楽しめる。

JIN鳥料理としては串以外に、「丹波地鶏料理」として幾つか用意されている。
スライス野菜と一緒にさっぱりと食べられる地鶏焼わさび和え(690円)がおすすめ。

・・・ここまで、鳥のことを書いていてナンなんだけど、
最初に注文した時に、お店の方から「蒸し豚がオススメですよ」と言われたわけ。
じゃあ、頼まないわけにはいかないっしょ。

スライスされた蒸し豚にキムチを巻いて、塩をつけて食べるという一品。
ふ~ん、こんな食べ方あるんですなあ。
でも、蒸し豚そのものがあっさりしているから、アクセントになるキムチを巻いて食べるのはグーね。

JIN色々とこだわりのメニューを紹介しておきながら、シメはきずし。
やー、やっぱり酒飲みには外せないアイテムですからなあ。

深夜におっさん二人・・・
仕事のストレスを我家に持ち込まないように、しょーもない話なんぞしながら酒を呑む、健気な光景だわね。

JIN■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:仁(JIN)
場所:大阪市西区江之子島1-5-8 ロイヤルハイツたそがれ半B1F
電話:06-6445-6633
営業:17:00~25:00

by nonbe-cclass | 2008-02-12 08:05 | ・食べ歩き(焼鳥) | Trackback | Comments(0)  

トラックバックURL : http://cnonbe.exblog.jp/tb/10013192
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 梅田のダッチオーブン「清水國明... 万博公園の「雪まつり」 >>