蛍池の焼肉「さしの花」

ちょっと気になる店だったんだよね~

雨の中、蛍池の焼肉「さしの花」へ足を運んだ。
空港へ向かう道と阪急宝塚線とが交差するところに店がある。
この間は予約ナシのガチンコで行ったら、見事入れなかった。

さほど広くない店内だが、清潔感と気さくな感じのスタッフの対応に好感が持てる。

さてさて、何を食べるかな。
まずは生レバー(800円)を頼むかな。
それにしても、ここのメニューは部位が豊富だ。グレース(700円)やネクタイ(600円)、ちれ(450円)なんてのもある。
e0173645_14555216.jpg

生レバーは薄めに切られているものの、控えめながらねっとりした食感。うれしいのは、塩の入ったごま油とは別に、オリジナルの特製ダレにつけた生レバーも味わえる。香ばしい風味がいい感じ。

次に塩タン(900円)。柔らかい肉の質感が「いい仕事してますな~」って感じ。
さっきの生レバーのオリジナルたれも嬉しかったんだけど、この塩タンも、レモン以外に柚子胡椒と高菜が添えられる。高菜と一緒に食べるのね・・・あ、でも合う合う。
e0173645_1456786.jpg


さて、メインをどうするか・・・本日のおすすめということで特上選り盛(4000円)か・・・よし、これにするか。ん~すごい。三角バラ、山形ハラミ、リブ、ハネシタときたか。大前提で、美味くないわけないじゃん。
リブの厚みがいいですなあ。ハラミの旨み十分に泣ける。
e0173645_14562866.jpg

ハラミを頼んだら普通のが終わってしまい、ええヤツだけか・・・特上(1700円)いくか。
焼くにも気を遣うわ。かーうめー。
e0173645_1459638.jpg

そして、もう一つ美味かったのが赤コリ(800円)。
コリコリ(動脈)は何度も食べてるんだけど、
この赤コリは心臓とコリコリのつけね部分で、歯ごたえと脂のノリが最高。
いつもある部位か分からないけど、食べたことない人は絶対オススメ。
e0173645_14592023.jpg

しめには冷麺(850円)を。
どんぐりの粉を使っているそうな。キムチの上に生ハムがのってるのね。
酢をたっぷりとかけて一気にすする。
e0173645_14594856.jpg

良妻は、石焼きプテおじや(950円)を。
プテチゲ鍋もこの店のイチオシのようなんだけど、この鍋のシメに食べるおじや、このおじやの部分だけをメニュー化したものだ。
中にチーズがたっぷり入っていて、見た目よりもまろやかさが口に広がる。
e0173645_1501233.jpg

何を食べても美味かったですな。満足満足。

■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:さしの花
場所:豊中市蛍池北町1-1-1
電話:06-6856-3487
営業:17:00~24:00

by nonbe-cclass | 2008-02-02 23:19 | ・食べ歩き(焼肉) | Trackback | Comments(0)  

トラックバックURL : http://cnonbe.exblog.jp/tb/10013181
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 赤穂のかきまつり 羽田空港の蕎麦処「つきじ庵」 >>