福島の焼鳥「囲炉裏」

イニシャルS氏、イニシャルT氏と共に入った店を紹介しようかな。

JR福島駅近くにある焼鳥の店「囲炉裏」だ。
居酒屋が軒を連ねる賑やかな通りではなく、さらに南側の細い路地に静かに店を構えている。

囲炉裏外観は「お、ちょっと隠れ家的な感じ?」と、シンプルながらに敷居をあげてそうな感じがするんだけど、入ってみると、とてもいい空間なわけ。
店の真ん中が厨房で、その四方をぐるっとカウンターが囲む。
何故「囲炉裏」という店名にしたのかは聞いていないけど、このわずかな空間で四方を客が囲む・・・何か、囲炉裏を囲んで酒を楽しんでるみたいだ。

大将が1人で切り盛りしているから大変そうなんだけど、客にとても気を遣っているのが分かる。
「いい感じの店やん。」我々3人、共通の認識だった。

囲炉裏囲炉裏さて、まずはビール。お!これはまた錫の器に入ってくるとは。くー美味い。
それにさ、一発目に来たこのねっく(1本:150円)最高!
柔らかく程よい弾力に、口に入れたときのジューシーさがたまらない。

ねぎま(1本:200円)に、おっ、背肝(1本:150円)もいいですなあ。

囲炉裏囲炉裏錫の器が気になって、熱燗に変更だ。
それにね、熱燗の酒が「立山」というところが嬉しいじゃあないかあ。

串焼きは他に皮やつくねあたりも食べたんだけど、殆どの串が1本150円だ。
一通り食べたいのをクリアした後、一品に目をつけた。

ささみ湯引き造り(400円)に皮ゆびきポン酢(300円)。
ずり刺しなど生もの系がないんだけど、このあたりの一品がオススメですな。

囲炉裏囲炉裏生肝のごま風味(400円)は、クセがなく美味。日本酒に合う一品だ。

お、途中で手羽先(1ヶ:100円)もやってきた。
しっかりした食感に味わいのある手羽もグー。

いかんいかん、焼鳥屋でどんだけ食べてんだか・・・

囲炉裏■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:串やき鳥 囲炉裏
場所:大阪市福島区福島5-11-15
電話:06-6455-3737
営業:17:30~23:00 日祝休

by nonbe-cclass | 2008-01-22 23:08 | ・食べ歩き(焼鳥) | Trackback | Comments(0)  

トラックバックURL : http://cnonbe.exblog.jp/tb/10013177
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 赤穂地方のかきまつりリレー 石橋の寿司「鉄砲寿司」 >>