福島の居酒屋「かたちく」

ほーなるほどー、中は結構広いんだなあ・・・
長屋を改装した居酒屋「かたちく」
JR福島駅の南西エリアには、狭い路地に色んなジャンルの呑み屋が軒を連ねるんだけど、その中にある一店だ。

1階はカウンター、2階へ通されると、格子で区切られた掘りごたつタイプのテーブル席がある。
個室もあるそうなんだけど、そうでなくてもプライベート空間はある程度確保できるかな。

かたちくかたちくん~メニューがいいなあ。
メニューの中に、「本日の素材」なんてのがあり、「聖護院大根」「九条ねぎ」「大阪産犬鳴豚」がエントリーされている。興味ある食材ばかりですなあ。これら以外にも随所に食材にこだわってるのが分かるぞ。

黒枝豆(380円)に聖護院大根と三ツ葉(280円)。
聖護院大根が柔らかくてやさしい味ですな。

かたちくかたちくピリ辛キュウリ(380円)に鶏せせりポン酢(480円)。
おー、太くしっかりしたキュウリですなあ。あまり胡瓜で感心することないんだけど。
せせりは歯ごたえよろしく、ねぎポン酢との相性がいい。

しまあじ薄造り(780円)に日向地鶏の柚子こしょう焼き(680円)。
地鶏がしっかりした食感なんだけど、噛むほどに旨みがでてくる。

かたちくかたちくかたちく






箸休めにこれはよかった。生青のりとほたてのわさび漬(380円)だ。
パッと見、イカのようなんだけどホタテで食感も少しコリコリしている。それと、生青のりの風味がいいですな。これはオススメ。

かたちくかたちくかたちく






かたちくかたちく自家製鶏つくね(塩1本200円)、おばんざい盛(680円)に八戸産真イカの一夜干し(680円)。
おばんざいには鴨の竜田揚げあたりが入っとりましたな。

いくつかの料理が出てくる中で、ねぎ料理が美味かったですなあ。
下仁田ねぎと牛ミノのホイル焼(580円)や白ねぎ丸ごと一本真っ黒焼き(380円)あたりね。
ネギそのもののシャキシャキとした歯ごたえも勿論いいんだけど、中のとろっとしたあんがもう~

一本真っ黒焼きは面白かったね。最初、「あれ?海苔巻き頼んだ?」って思っちゃったもの。一番上の真っ黒に焼いた部分をとって、中だけを食べるわけ。良いねぎの贅沢な食べ方ですな。

■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:萬菜町家酒家 かたちく
場所:大阪市福島区福島5-11-6
電話:06-6455-7758
営業:17:00~24:00 日休

by nonbe-cclass | 2008-01-11 23:13 | 居酒屋めぐり(関西) | Trackback | Comments(0)  

トラックバックURL : http://cnonbe.exblog.jp/tb/10013170
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 梅田の居酒屋「丸岸」 石橋の焼肉「貴」 >>