天神橋のワインバー「レ・クルール」

イニシャルK氏、イニシャルH氏、イニシャルI氏とC級呑兵衛は、天神橋にやってきた。

「あれ?マンションの入口じゃないの?」
と思わず、迷ってしまうところにある隠れ家的ワインバー「レ・クルール」だ。

レ・クルールレ・クルール呑み屋で途中からワインにすることはあっても、こうしたお洒落なところではじめからワインというのは本当にC級呑兵衛には似合わないよなあ、とつくづく感じ苦笑する。

知識がないもんだから、メニュー見てもさっぱりだわい・・・
な、何て?カチョカバロ?なんだそりゃ?
店の方がテーブルまでもってきて見せてくれる。

レ・クルールレ・クルールわ!これチーズなの!?ひょうたんみたいで愛嬌あるけど。
イタリアのチーズだそうで、練った後に紐でくくり吊るして乾燥させるとこんなことになっちゃうのね。
イニシャルK氏が仕切りに「へーこんなところで出会うとは」と言ってたんだけど、このチーズは吉田牧場から仕入れているそうな。人気の牧場なんだって。

カルディーニャ島の白ワインと前菜(前菜の盛り合わせ:2400円)で始まる。

レ・クルールレ・クルール自家製ベーコンが味わい深くて実に美味いですなあ。生ハムも好きなんだよね~

吉田牧場のカチョカバロとレンコンのソテー(850円)。
あ、カチョカバロって味にクセがなくて軽~い。このこんがりと焼いたところが香ばしくてまたグー。

・・・ん?
何かワインのボトルがすぐ空いてるんですけど・・・で、また次から次にボトル来るんですけど・・・

レ・クルールレ・クルール焼き立てミニキッシュ(750円)にたら白子のムニエル(1500円)。
白子なんて口の中でとろっけっちゃうんだから。
どれもそうなんだけど、食材だけでなく、目で楽しませる逸品ばかり。
ソースもやさしいんだけど、いい主張をする味なんだよね。

いかん、ワインが進みますなあ。

レ・クルールレ・クルールレ・クルール鮮魚蒸し煮(1800円)はたらだね。これをほうれん草のソースでいただく。
ここにブロッコリーや小メロンがコロコロと添えられる。

ホロホロ鳥のフリカッセ(2800円)
そして、穴子のセモリナ粉あげ(1700円)。これは絶品ですな。穴子の香ばしさもさることながら、牛蒡やビーツ葉の歯ごたえが格別。

レ・クルールレ・クルールもち豚のココット蒸し(2900円)にホタテとエビのポワレ エスカルゴバターソース(1600円)。
ココットの中に野菜、そしてその上にのせられる様にもち豚。これを柑橘のソースであっさりと。

そして、ホタテとエビのポワレはエスカルゴのソースなんだよね。
注文する時にみんな何回も聞いてたよ「え?エスカルゴは食べるんじゃなくて、ソースで使うんですか?」って。プリ海老最高でしたな。

「どんだけ~。」
開店時間からきて最後の客だった・・・

■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:ワインバー レ・クルール
場所:大阪市北区天神橋3-7-26 レジュールアッシュ梅田イースト1F
電話:06-6881-2000
営業:11:30~15:00、18:00~22:00

by nonbe-cclass | 2007-12-17 23:51 | ・居酒屋めぐり(関西) | Trackback | Comments(2)  

トラックバックURL : http://cnonbe.exblog.jp/tb/10013146
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by C級呑兵衛 at 2008-01-19 00:03 x
pumaさん、こんにちは!
アットホームな感じでいいお店ですよ。
ついつい、呑みすぎてしまいましたが(笑)
Commented by puma at 2008-01-17 03:15 x
お店の雰囲気かなりいいし!!
料理もかなりかなりおいしそうです^^
ぜひ一度いってみたいです^^v

<< 生活病検診にて 石橋の焼肉「源蔵」 >>