新宿の居酒屋「養老乃瀧」

水曜日、朝から新宿で仕事なので前日入りすることになった。
東京出張すると、大浴場があるから日本橋のアパホテルご用達みたいなところがあるんだけど、今回は行く直前に予約したこともあって、新宿泊になった。
「とりあえず今日空いてるところ・・」とあまり深く考えずに予約したら、歌舞伎町のど真ん中だった。
歌舞伎町というところ自体も初めてなんだよね。

ま、チェックインして仕事の残処理をコチャコチャやった後、やっぱり一杯引っ掛けたいわけ。
でね、歌舞伎町に繰り出すかというと全く興味がなくて、結局、西口へ向かうのね。

もー新宿西口といえば、「思い出横丁」でしょ。
狭い路地に串焼を中心にカウンターの店がひしめき合う。
早朝呑みでしか利用したことがなかったから分からなかったけど、夜の賑わいといったらない。どの店も満員御礼じゃないか。

しょうがない・・・その隣の道、線路沿いの「焼き鳥横丁」をみるか。
結局、「養老乃瀧」に入っちゃう。
「え?チェーン店の?」と思うかもしれないけど、この店、そんな感じがしなかったし、雰囲気が入りやすかったのね。

e0173645_11294588.jpg

入口スグのカウンターに腰掛け、早速メニューで気になるものがあった。
ワラサ刺(450円)って何だ?
聞きなれないので早速頼んでみる。

写真がそうなんだけど、調べてみるとブリの若魚で関東ではワラサというそうな。
ブリの手前の呼び名ということからすると、関西ではメジロあたりを指す。脂がよくのって美味い。

e0173645_11294655.jpg

日本酒を常温で頼んだら、一瞬リアクションがおかしかったんだけど、出てくると「ビミョウに温めたろ」的ぬるいのがでてきた。
システム的に常温は出してないのかな。イレギュラー対応させたのなら申し訳ないことしたね。

これにあわせ、イカの一夜干し(320円)を注文する。
それにしても、豊富なメニューも嬉しいが、この安さには頭が下がるね。
店の中は客でごった返していたが、それは分かる気がする。

e0173645_11294866.jpg

あまり長居をするつもりはなかったので、軽く喉を湿らせて店を出ることにした。

■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:養老乃瀧 新宿西口店
場所:東京都新宿区西新宿1-2-2
電話:03-3346-0488
営業:9:00~24:00

by nonbe-cclass | 2007-11-27 22:59 | 居酒屋めぐり(東京) | Trackback | Comments(0)  

トラックバックURL : http://cnonbe.exblog.jp/tb/10013131
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 新宿の居酒屋「大黒屋」 ドイツクリスマスマーケット2007 >>