箕面の立ち呑み「梅原酒店」

日曜日。
ん~一人だしのんびりもしたいんだけど、どうするかなあ~

ちょっと歩きに出かけるか・・・
おっ、ちょっと酒飲みが健康的なこと考えちゃって・・・

スパーガーデンで風呂にも入ろうと決め、昼から箕面に足を向けることにした。紅葉もそろそろってところだしね。

箕面駅を降りたところから観光客で賑わってるね。
滝道の土産物店が揃って、「いらっしゃいませ~」と声をかけながら、もみじの天ぷらを揚げている。

箕面もみじ箕面もみじず~っと滝まで歩いたんだけど、
滝道沿いで一番綺麗なところは前年と同様、「一汁二菜うえの」あたりと、瀧安寺周辺かな。
気温のせいもあってか、くすんだ感じの色もあったりするけどね。

そこから先、滝まで歩くんだけど驚いたのは途中途中の売店。何を買うんだか列できてるよ・・・
滝手前のおでん屋なんか、狭い道で列なしてるもんだから、そこだけちょっとした初詣状態だ

箕面もみじ滝までくると、あまり紅葉という感じではなかったなあ。まだ少し早いのかなあ~
でもね、とにかく凄い人だわ。

あまり長居することなく、また来た道を下り箕面スパーガーデンに向かう。
混んでるかなあと心配したんだけど、時間が中途半端だったのか比較的空いていた。
大浴場の真ん中でデロ~ンと脱力して浸かっていた。

梅原酒店梅原酒店さてさて、今日一番のお楽しみ。
ず~っと入ってみたかった立ち呑み屋に入る。「梅原酒店」だ。
看板に「100円~」というのが興味をそそる。

・・・が、いつも通るときに思うんだけど客入りすぎ。ほんま人気あるね。常連客も多そうだ。
半分諦めたんだけど、「いやいや今日はここへ来るために箕面まで来たんだから」(全然発想が健康的でなかったわけ)と、頑張って入った。
すると、すぐに「いらっしゃいませ~ここどうぞ」と入口すぐのカウンターに案内される。
飲み物を聞かれた後、「一品はあそこの奥にある冷蔵庫から取って下さい。あと、おでんもありますから」

きずし(150円)をビールのお供にチョイス。
滝道をみながら、お、軒先には吊るし柿。
通りすがりの人たちを眺めながら・・・いや、逆に見られながら、「おいしいお酒呑んでますよお。みなさんもどうですかあ」と心の中で思いながら、まったりとした時間を過ごす。
日々、少し気温も下がってきておでんの時期にもなってきたね。
客に紛れるようにおでん番をする大将に声をかけて、こんにゃくと大根をもらう。

これから、ますます寒くなるね~燗が上手くなる。
年末までのスケジュールを立てるのが大変だわさ。

梅原酒店■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:梅原酒店
場所:箕面市箕面1-8

by nonbe-cclass | 2007-11-18 23:38 | 居酒屋めぐり(関西) | Trackback | Comments(0)  

トラックバックURL : http://cnonbe.exblog.jp/tb/10013126
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 石橋の中華料理「王将」 阿倍野の居酒屋「明治屋」 >>