阿倍野の居酒屋「明治屋」

午前中、Jr.の生活発表会があったので学校に向かう。
自分の子供だけじゃなく、一通り全学年の発表をみたんだけど、
自分達のこの頃って、こんなにしっかりしてしていたっけ?と思うほど頑張ってるんだよね。歌もしっかり声出てるしさ。

ただね、ホントむかつくと言うか・・
子供達の発表会なんだけど、子供達から親を見てもらった方がいいんじゃない?って思うくらい、来場者のマナーが悪いわけ。
子供達の姿をビデオに収めたいと思う気持ちは分かる。ま、今日子供の発表を「見に来ている」んじゃなくて「記録しにきている」点は指摘したいところだけど、これは全然問題ないわけ。

問題は、席でベラベラでかい声でしゃべるお母さん方。
発表見ないなら外出ろよ。
あと、携帯電話ね。劇やっている時にせめてマナーモードくらいしとけっつーの。
それに、小さい子供連れた親。赤ちゃんが泣くのは仕方がないじゃん。
でもさ、走り回ったり、わめきちらす子供は何とかしろよ。

全く悪びれる様子がないからね。
ムカムカしながら学校を離れる。

さてさて、この週末は良妻・Jr.がでかけるため、一人お気楽モードなんだよね~どうすっかな~

よし、いよいよ足を向けてみるか・・・憧れの居酒屋に。
何か緊張するなあ。名店中の名店だし、個人的に敷居が高いと感じているのね。
「居酒屋でしょ?」と思われるかもしれないんだけど、C級呑兵衛は名の通り「C級」の酒飲みなの。だから、本当の酒・本当の味を分かっていないと思うのね。
だから、「名店に行く」ことは「まだまだ青二才が行くようなところでは・・・」と思ってしまうわけ。

明治屋気がつくと、阿倍野を歩いていた。
愛嬌のある阪堺電車が車に注意しながら、ゆっくりと進んでいく。

「あー」ここまで来てためらってしまう。
居酒屋「明治屋」だ。
この店構えでひるんでしまう。

時間は16時。えーい、入っちゃえ・・・うわっ!いっぱいだ。
一人だと伝えると、カウンターに案内され、かばんをおいているサラリーマンに譲ってもらい腰を掛ける。肩が触れ合うくらいの間隔だ。
客の年齢層が明らかに高い。あと、夫婦できている人達が何組もある。昔からこの店を訪れる常連達ばかりだ。

明治屋「酒ときずしを。」
そう伝えると、ガラスの一合銚子が出され、一杯目をさっと注いでもらう。銚子にも猪口にも明治屋の名が入る。酒は370円。

口に入れた瞬間に、「おー樽の木の香りがいい。」
銘柄をいうでなく、単に燗のお酒を頼んだだけなのに凄く贅沢な気分だ。
杉樽や温酒器、手際の良さに釘付けだ。

静かでゆっくりとした時間を楽しもうと暖簾をくぐったけど、それはこの繁盛ぶりからして無理だった。
でも、酒と料理を楽しんでいる間は、勝手に一人雰囲気に酔っていた。

きずし(550円)のこの味いいわあ。
シメ具合もいいし、少し甘酸っぱい深みのある酢が絶妙。

meijiya3.jpgそして、目の前で上手そうな豆腐が銅器に入って、湯気と共にユラユラと映る。
そうかあ、湯豆腐の季節になってきたかあ。次々と頼む人がいて、最後にあのさっとかけるダシがとにかくうまそう。

湯豆腐がやってきた。
ねぎと朧昆布がのった一品。柚子をその場で皮切りし、中央にそっと添えられる。これが実はいいアクセントになっている。
落ち着く味わいだなあ。やっぱりこのダシ美味いわ。

明治屋明治屋平日の常連客が店に聞いていた。
「えらい多いね。」
「いや、今日は空いているほう。平日とはまた違うけどね。13時で既に待っている人もいる。」

店の雰囲気が凄くいい。少し高い天井に大きな時計。昔から変らない佇まい。
でも、少しずつ客層に変化が出ているのかもしれない。
C級呑兵衛もどういう風に映ってるんだろうね。
何か、酒ハマッちゃって、アテにホタルイカの沖漬けにうるめ干しを頼んじゃった。

店を出る時、素直に「ごちそうさまでした」というと、忙しい中、
店の人達がみな「ありがとうございました」と笑顔で返してくれた。


明治屋■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:明治屋
場所:大阪市阿倍野区阿倍野筋2-5-4
電話:06-6641-5280
営業:13:00~22:00 日休

by nonbe-cclass | 2007-11-17 23:35 | 居酒屋めぐり(関西) | Trackback | Comments(2)  

トラックバックURL : http://cnonbe.exblog.jp/tb/10013125
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by モモチン at 2007-11-18 23:29 x
C級さんの行動範囲は、ほんま広いですね!!
ご紹介の阿倍野の「明治屋」さんですが、「ミーツ」(京阪神エルマガジン社)を読むと、阿倍野エリアの再開発で、数年後には姿を消すかも。。。(?)ということですが。。。
(詳しいことをご存知ですか?)

モモチン個人的には、阿倍野の「田園」さんという純喫茶も一度行ってみたいと思っていますが…。
Commented by C級呑兵衛 at 2007-11-19 23:21 x
モモチンさん、こんにちは!
そうですね、ここ「明治屋」はまもなく姿を消すことになります。
梅田のスカイビルに支店がありますが、場所をかえてそんな感じになっちゃうのか、本当に姿を消してしまうのか・・・いずれにしても、あの今の風情は味わえなくなるかもしれませんね。

純喫茶とはまた渋いところきましたね~
やわらかい赤いソファがいいですなあ。

<< 箕面の立ち呑み「梅原酒店」 福島の居酒屋「寿しよし」 >>