石橋の四川料理「長光」

この通りも早く全店舗走破したいところですなあ。
え?あ、石橋駅西口出てスグ横にある細い路地、提灯通りのことね。

「え~これは中華の店なんかなあ・・・いやあ、やっぱり居酒屋かなあ。」
通るたびに気にはなっていたんだけど、今回、C級呑兵衛ファミリーで出かけてみることにした。

四川酒家「長光」だ。

勝手な思い込みなんだけど、中華料理の店と言えば4人掛けテーブル席が並ぶ店内をイメージしちゃうんだけど、
この店は入るとカウンターで、奥に座敷がある。ん~居酒屋な感じ。

カウンターに腰を掛けメニューに目をやる。
ほー、ここのオリジナルはリンゴ餃子かあ。

まず、ビールのアテにクラゲの冷菜(900円)を頼むかな。
酢の酸味が強くなく、あっさりといただける一品。
酒飲みにこのクラゲの食感はたまりませんな。ビールがすすむ。
e0173645_17211360.jpg

リンゴ餃子(冒頭写真:500円。写真は3人用に用意してもらったもの)は、中にリンゴのスライスが入っていて、サクサクした食感とうっすらと感じる甘味が餃子の味を引き立てている。
リンゴもさることながら、あんを包む皮・・・いや生地が美味しいのよね。パイをイメージしてもらうほうがいいかな。
e0173645_17212745.jpg

揚げてあるから、サクッでもってもちっとした感じ。上から甘酢風味のあんかけがかかる。メディアでも結構取り上げているみたいね。
餃子のイメージとは少し違うけど、大きなこの餃子を是非頬張ってほしい。

もう一つのオススメがアオリイカの青じそ炒め(800円)。
このアオリイカがとにかく柔らかいんだから。「え?これイカ?」と思うくらい。ここに大葉の風味がいいアクセントになっているぞ。
e0173645_17224815.jpg

回鍋肉(980円)にレタス入りチャーハン(700円)。
チャーハンは他にも種類があったんだけど、シンプルなのをチョイス。炒めたレタスははんなりしてるけど、噛めばシャキシャキとあっさり風味。Jr.も大喜び。
e0173645_1723136.jpg
e0173645_17232368.jpg

四川料理なんだけど、辛くないから子供達も大丈夫だ。
Jr.は他の料理もきれいに残さず食べていた。店によっては「お前何様?」くらい何も食べないときあるからね。

ただ折角の四川、ここは辛いものも・・・ということで、陳麻婆豆腐(800円)を注文。豆板醤・山椒・辣椒麺を使っているんだって。
e0173645_17235676.jpg

これがね~美味しいの。辛いんだけど味わいあるんだよなあ。
まず、辛いと言っても「オ見舞イシテヤリマショカ」みたいな暴力的な辛さではないぞ。
食べるたびに口の中が充実する感じだ。味に深みがあるというのかな。これはオススメ。

いやあ、味わいのひととき・・・何か得した気分で店を後にした。

■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:四川酒家 長光
場所:池田市石橋1-2-18
電話:072-761-4888
営業:17:00~23:00 火休
e0173645_1724491.jpg

by nonbe-cclass | 2007-10-21 23:53 | ・阪急石橋 中華 | Trackback | Comments(0)  

トラックバックURL : http://cnonbe.exblog.jp/tb/10013107
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 粉もんパークで食べ比べ 石橋の中華料理「長光」 >>