石橋の中華料理「長光」

この通りも早く全店網羅したいよなあ~
え?あ、石橋駅西口スグ横の細い提灯通りのことね。

今回は、「ん~これは本当に中華料理店なのかなあ、それとも居酒屋?」と以前から気になっていた店に家族で出かけてみることにした。

四川酒家「長光」だ。

勝手な思い込みなんだけど、
中華料理の店と言えば、何故か4人掛けテーブルのイメージがあってね~
でも、ここは、入って数名座れるカウンターがあって、奥に座敷がある。形式は居酒屋だよなあ。

ま、それはいいとしてカウンターに腰をかけメニューを見る。
へー、ここのオリジナルはリンゴ餃子なんだ。

冒頭の写真がそう。
リンゴ餃子(500円:写真は3人用に用意をしてもらったもの)といっても、大きしイメージしている餃子とは随分と違うぞ~
確かに中にリンゴが入っていて歯ざわりはいいんだけど、この皮というか生地が美味いんだよな。パイをイメージした方が近いかな。
揚げてあるから、サクッでもってちょっとモチッとしたのが絶妙。これに甘酢風味のあんかけがトロ~。
確かにこのリンゴ餃子はオススメだね。ここに来て分かったけど、結構メディアも取り上げてるみたいね。

四川酒家 長光四川酒家 長光ちょっとビールのアテにでもと、最初にクラゲの冷菜(900円)を頼む。
酢の酸味があまり気にならない柔らかいお味。クラゲの食感が酒飲みにはたまりませんな。

次に、アオリイカの青じそ炒め(800円)。これオススメ。
「え?イカ?」と思うくらい、とっても柔らかい。
青じそがいいアクセントになってるわ。

四川酒家 長光四川酒家 長光そして、ご存知回鍋肉(ホイコーロー:980円)に、レタス入りチャーハン(700円)。
チャーハンは他にも種類があったけど、このシンプルさが良かった。
レタスは炒めてはんなりしてるんだけど、シャキシャキとした歯ごたえは残して食欲をそそる。

Jr.がどの料理もすぐに平らげてしまった。
これ実はポイントで、店によっては殆ど料理に手をつけない「お前はいったい何様のつもりだ」バージョンもある中で、チャーハンあたりはがっついてたね。
そ、四川料理だから辛いイメージあるけど、子供達も大丈夫。

四川酒家 長光しか~し、大人としてはやはり辛いものも食べたいところ。
陳麻婆豆腐(800円)だ。四川料理の代表格だね。

豆板醤に山椒、そして辣椒麺を使っているとのことなんだけど、確かに辛い。辛いんだけど、ウマミたっぷりなんだよね。
辛さも「オ見舞イシテヤリマショカ」的な暴力的辛さじゃないから安心して。
食べるほどに口の中が凄く充実する感じ。味わい深い。

家族みんなが満足したひとときだったね。是非!

四川酒家 長光■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:四川酒家 長光
場所:池田市石橋1-2-18
電話:072-761-4888
営業:17:00~23:00 火休

by nonbe-cclass | 2007-10-20 23:57 | C級呑兵衛 | Trackback | Comments(0)  

トラックバックURL : http://cnonbe.exblog.jp/tb/10013106
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 石橋の四川料理「長光」 のせでんレールウェイフェスティバル >>