服部の焼肉「雷門」

「わしからは逃げれまへんで。」
萬田銀次郎みたいになってるけど、やっと見つけたで~

これだけインターネットで情報が収集できる中、なかなか場所が特定できなかったのよね。

焼肉「雷門」だ。

口コミ的な情報で店名はネットでもいくつか確認出来たんだけど、阪急服部にあるという以上の情報がなかなか・・・
結局、2ちゃんねるの一部書き込みでみつけ、雷門を含めた周辺のなんとなし情報からだいたい目途をつけた。

実際、阪急服部から江坂へ向かうバス通りを歩く。一つのヒントが川に近いこと。天竺川か。
・・・あ、意外と簡単にみつけちゃった。バス通り沿いにあったから。

この「C級呑兵衛の絶好調な千鳥足」が、初めてネットで明かす全貌!
・・・ま、そんな大層な話でもないんだけどね。
だって、地元では長年愛されてる焼肉屋なんだよ、きっと。
テーブル席一杯だし・・・常連のお客も多いようだ。

カウンター席に座る。
店はホント地元の焼肉屋という感じで、昭和の香りがする庶民的な空間。
ガスコンロで焼くタイプの店で、テーブル席の方からはモクモクと煙が立ち込める。

部位というかメニューはそれほど多くないが、セットものがあったので、まずはそれから頼んでみることにした。

塩焼盛り合せ(2200円)だ。タン、ツラミにミノだ。
あのね、ツラミがとにかく柔らかいわ。
実は、良妻あまりツラミが好きじゃないのね。筋ぽくて固いイメージが強いから。でも、ここのは全然OKと絶賛していた。
e0173645_15581632.jpg

因みに単品だと、タンは1400円、ツラミ1200円、ミノ1100円だ。

生キモ(900円)は黒いという表現の方があってるね。
口に入れると、ねっとりとした食感で柔らかい。でも、全く臭みがない。
e0173645_15584199.jpg

タレ焼盛り合せ(1800円)は、バラ・テッチャン・ミノ・レバだ。
バラとろけるようにやわらか~
e0173645_15585351.jpg

バラがやわらかくて美味かったので、それの単品(1000円)とロース(1500円)を追加で頼んじゃった。
わー、ロースもこれまたとろけるようですなあ。
e0173645_15591969.jpg

へー、ビビンバ(600円)やもやしナムル(200円)などの野菜の和え物は、注文してから作るんだ。
e0173645_15594638.jpg
e0173645_15595238.jpg

店内は一杯で店の方も慌しい感じ。
でもね、すごく愛想がいいの。Jr.にも気を遣ってくれるし。

いい時間が過ごせたなあ・・・そんな気分で店を後にした。

■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:雷門
場所:豊中市服部南町2丁目
電話:06-6863-4771
営業:第1・第3火休
e0173645_160899.jpg

by nonbe-cclass | 2007-10-08 22:28 | ・食べ歩き(焼肉) | Trackback | Comments(2)  

トラックバックURL : http://cnonbe.exblog.jp/tb/10013095
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by サチ at 2007-10-18 23:12 x
ご無沙汰してます!最近PCにふれる間もないくらい
育児でバタバタで、久々に拝見したら愛しのタン塩の文字が、、(ぐー)(^^)

相変わらずおいしいもの情報がいっぱいで素晴らしいです☆今後とも応援してます♪
Commented by C級呑兵衛 at 2007-10-21 23:21 x
サチさん、ご無沙汰!
このブログもすっかり焼肉ブログになっとりまして(笑)しかーし、食べ物に関してはイチオシばかり。育児でバタバタには体力が必要、スタミナをつけるためにも当ブログをご参考に(笑)

<< 阪神西宮駅の駄菓子「ひろや」 中崎町のカフェ「cafe bl... >>